フレンチ弁当?宿泊者以外でも楽しめた!武蔵小杉「ホテル精養軒」で洋食ランチ

武蔵小杉「ホテル精養軒」レストランラウンジで、ランチに三つ切りフレンチを。

ホテル精養軒は、府中街道を挟んで中原警察署の南側にあります。
府中街道から少し入った住宅街の中にあるため、近くの住人でない限りなかなか前を通ることがありません。
Googleマップを見ながら向かいました。

住宅街の中にポツンと大きな建物が。
タワマンと比較すると小さく見えてしまいますが。。
レストランラウンジはホテル精養軒の入口を入ってフロント右手にありました。
クラシックが流れる落ち着いた雰囲気です。
11時30分のオープンに合わせて訪れたところ、私たちと同じようにオープンに合わせてやってきたお客さんが数組いました。

4人掛けテーブル席がメインです。
奥には個室も見えました。
4人掛けテーブル席から椅子を一脚抜いてベビーカーを入れてもらえ、娘用に子供椅子も出してもらえました。

メニューを見ると洋食と和食があり、おすすめはどうやら洋食みたい。
妻は今週の洋食ランチの若鶏のソテーバジルソースラタトゥイユ添え、私は三つ切りフレンチ、娘用にお子様ランチを注文しました。

お箸で食べられる弁当スタイルのフレンチ、、どんな感じなのか期待しながら提供を待ちました。
お盆にサラダ、肉料理、魚料理が横並びに。
お椀にご飯が盛られていて、隣にカップスープ。
弁当スタイルというか、定食スタイル?

妻「一緒?何が違うの?」
三つ切りフレンチの肉料理は、妻が注文した今週の洋食ランチのメイン料理、若鶏のソテーバジルソースラタトゥイユ添えのようでした。
フレンチですが、弁当スタイルのため、お箸でいただきます。

若鶏の皮がパリパリしていて香ばしい。
ジェノベーゼソースと岩塩かな?
塩でのあっさりとした味付けで鶏肉の旨味が引き立っていました。
これだけでご飯が何倍でも食べられそう。
鶏肉の下にはラタトゥイユが。
箸でラタトゥイユを食べるのに時間がかかりました。

魚料理は鯖の南蛮漬けかな?
単なる南蛮漬けではなく独特な香りが。
身がギッシリ引き締まっていました。
サラダにはあまーいクリーミードレッシングがかかっていました。

妻「めっちゃ美味しい」
妻は娘が残したビーフシチューを食べて感動していました。
本格的で子供にとってはかなり背伸びした味付け。
食後に飲んだコーヒーは苦味くっきり。
飲みごたえがありました。

キャッシュレス決済は、クレジットカードの他、各種スマホ決済に対応。
川崎じもと応援券も使えました。
川崎じもと応援券はクレジットカードと併用できるんですね。
本当はd払いを使いたかったところですが、スマホ決済はできませんでした。
川崎じもと応援券を使って、残りをVISA LINE Payクレジットカードで支払いました。

▼おでかけした飲食店
武蔵小杉「ホテル精養軒」レストランラウンジ

▼いただいたメニュー
・三つ切りフレンチ:1,650円

▼おすすめのおでかけシーン
・子連れ:ベビーカー入店可
・デート:ゆったり食事ができる

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました