珈琲・紅茶のドリンクバー&テイクアウト付き!武蔵小杉「シュマッツ」でドイツ料理ランチ

スポンサーリンク

武蔵小杉・新丸子のクラフトビールダイニング「SCHMATZ(シュマッツ)武蔵小杉」で、ランチにチキンシュニッツェルパルミジャーナ+ソーセージ(ドイツ風カツレツのチーズソースがけ)を。

東京と神奈川を中心に出店しているシュマッツ。
武蔵小杉のシュマッツはフルサービスのビアダイニング形態です。
武蔵小杉では珍しくドイツ料理をいただくことができます。

シュマッツがあるのは武蔵小杉駅から新丸子駅へと続く東横線の高架下。
ランチをやっていることを知り、妻と息子との3人で訪れてみることにしました。
店内は広々としていてベビーカーのまま入店可能。
奥の片側ソファ席へ案内されました。
ところどころ緑があり、赤いソファ席、額縁が沢山飾られた壁の独特の内装。

ショートパスタの他、ハンバーグ、ビーフカレー、唐揚げ、ドイツ風カツレツ等のいかにもビールに合いそうなランチメニューです。
他のお店でなかなか食べる機会の無い、ドイツ風カツレツのチキンシュニッツェルパルミジャーナ+ソーセージを注文することにしました。
パンかライスを選べたので、ライスを大盛りでお願いしました。

ランチメニューは全品コーヒー・紅茶付きでライス大盛り無料とのこと。
カウンターのドリンクバーコーナーへ。
テイクアウトもOKらしく、カップも置いてありました。

↑記事冒頭と同じ動画です。

提供されたカツレツはお皿の半分を占めるくらいの大判サイズ。
ナイフでカットしていただきます。
ザクザク衣です。
お肉はかためでナイフを入れるのに力が要りました。
トマトソースでさっぱりいただきました。

続いてソーセージ。
これが肉汁満点で濃厚。
カツレツよりライスが進みました。
野菜はパプリカがシャキシャキ。

妻「すごいゴロゴロしたのが5個のってるよ」
妻が注文したのはビアチキン唐揚げ。
衣がカリカリ香ばしい。
ザワークラフトが入ったタルタルソースみたいなソースを絡めていただきました。

キャッシュレス決済はクレジットカードとPayPayに対応。
PayPayで支払いました。

▼おでかけした飲食店
「SCHMATZ(シュマッツ)武蔵小杉」

▼いただいたメニュー
・チキンシュニッツェルパルミジャーナ+ソーセージ(ドイツ風カツレツのチーズソースがけ):1,350円

▼おすすめのおでかけシーン
・デート:ランチビールデート
・友だちと:おしゃれドイツ料理

▼ほかの東横線新丸子駅~武蔵小杉駅間高架下店舗のレポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました