サイゼリヤで人気!ランキングトップ10入りの鶏肉メニュー「辛味チキン」「若鶏のディアボラ風」をランチで食べ比べてみたら

スポンサーリンク

サイゼリヤで人気の鶏肉料理、辛味チキンと若鶏のディアボラ風を食べ比べ。

gooランキングの「一番おいしいと思うサイゼリヤのメニューランキング」を眺めていると、これまで食べた記憶が無いメニューが。

1位:ミラノ風ドリア
2位:半熟卵のミラノ風ドリア
3位:辛味チキン
4位:小エビのサラダ
5位:チーズたっぷりミラノ風ドリア
6位:カルボナーラ
7位:若鶏のディアボラ風
8位:エスカルゴのオーブン焼き
8位:ペペロンチーノ
10位:マルゲリータピザ

gooランキングより

それが今回食べ比べてみることにした、3位の辛味チキンと7位の若鶏のディアボラ風。
3位の辛味チキンなんて、あのミラノ風ドリアシリーズに続く大人気メニューのはずなのに、食べていないことが恥ずかしく思えてきました。

今回も妻と子供2人の家族4人でおでかけ。
自宅最寄りのサイゼリヤ、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店を訪れました。
場所はイトーヨーカドー2階の武蔵小杉駅側でした。
ベビーカーを押したまま入店し、テーブル席に横付けすることができました。
11時過ぎの到着で半分以上の座席が埋まるほど。
イタリアの古い曲なのかな。
お客さんの多さの割にはひっそりしていて、サイゼリヤでいつも流れている陽気なBGMが大きく感じました。

サイゼリヤでは注文用紙にメニュー番号と数量を記入して注文します。
私は目当ての辛味チキンと若鶏のディアボラ風を。
妻は新商品らしいオリーブアンチョビのマルゲリータピザとティラミスクラシコ、娘用にキッズメニューのおこさまミートスパゲッティを注文しました。

↑記事冒頭と同じ動画です。

注文して10分後。
辛味チキンと若鶏のディアボラ風との初対面。

辛味チキンは4本入り。
定型の盛り方があるんでしょうか。
皿にきれいに納まっていました。
手羽先を食べるように手に持ってかぶりつきます。
見た目に反して辛くありません。
身が柔らかく、鶏肉の旨味を十分に楽しめました。
これで税込み300円。
食べる時に手が汚れてしまうのが難点ですが満足度の方が上回ります。
ワインのおつまみにも合いそう。
個人的にはコメダ珈琲店でテイクアウトした世界の山ちゃん監修「コメダ特製本場手羽先」より好みでした。

続いて、若鶏のディアボラ風。
こちらはナイフで切ってフォークでいただきます。
皮がパリパリで香ばしく、お肉はジューシー。
自家製野菜ソースはネギ塩ソースかな?
サッパリしていて肉の旨味を引き立てていました。
ライスと一緒にいただけば十分に食事として成立するボリュームでした。
余ったソースをポテトとコーンに絡めて完食。
これで税込み500円?
コストパフォーマンスが良過ぎでしょう。

両社ともに体験の満足度は甲乙つけがたい。
ミラノ風ドリアばかり注文して気付けなかったサイゼリヤの魅力にようやく気付けた。
そんなサイゼリヤランチになりました。

妻が注文したオリーブアンチョビのマルゲリータピザは、チーズもアンチョビとオリーブオイルたっぷり。
ティラミスクラシコはくっきりとした甘さ。
ココアパウダーで吹きそうになりました。

サイゼリヤでの支払いは現金のみと記憶していましたが、いつの間にかキャッシュレスに対応していたんですね。
6gramを支払元にd払いで支払いました。

▼おでかけした飲食店
サイゼリヤイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店

▼いただいたメニュー
・辛味チキン:300円
・若鶏のディアボラ風:500円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:ゆったり食事ができる
・子連れ:ベビーカー入店可

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました