武蔵小杉にも「大阪王将」が!限定メニューを食べたら、ひとりランチでリピートしたくなった

スポンサーリンク

大阪王将 武蔵小杉東急スクエア店で、ランチに武蔵小杉セットを。

大阪王将は1966年創業らしい。
餃子の王将には何度か訪れたことがあったものの、家の近くに無かったせいか大阪王将には訪れたことが無かったはず。
カンブリア宮殿だったかな?紹介されていて興味津々でした。
アラフォーにして人生初の大阪王将。

武蔵小杉の大阪王将は、東急線武蔵小杉駅の南側、東急ストアの正面。
店頭にはテイクアウトの注文客と思われる人が待っていました。
全面ガラス張りで中の様子を伺えました。

カウンター席数席、2人掛けテーブル席3組、4人掛けテーブル席1組だけの小さなお店です。
オープン直後の11時到着でも4人掛けテーブル席以外はすべて埋まっていて、一人で広々と利用させていただくことに。
餃子やラーメンの定食メニューが並ぶ中、プッシュされていたのが武蔵小杉東急スクエア店限定メニュー。

  • 武蔵小杉セット
  • 店長特製麻婆炒飯
  • 武蔵小杉サンマーメン

写真付きメニューにはなかったものの、壁には「武蔵小杉ナポリタン」なる限定メニューも案内されていました。
やばい、どれも気になる。
全部注文したいところですが、胃袋はひとつしかないので初回は武蔵小杉セットを注文することに。

  • 焼豚炒飯
  • 餃子1人前
  • 唐揚げ2個
  • 焼売2個
  • スープ

がセットになった、チャーハンも餃子も食べたい欲張りの私にとって嬉しいメニュー。

↑記事冒頭と同じ動画です。

注文して5分程待ちました。
メニュー写真のように長皿かと思いきや丸皿でした。
角切りチャーシューはチャーハンから零れ落ちたものだと分かりましたが、唐揚げはもともとチャーハンの上に乗っかっていたのか、餃子の隣に納まっていたのか。

餃子の皮は薄くて柔らかい。
餡を味わう餃子かな。
一個で口いっぱいに餡が広がる絶妙サイズ。
タレ無しで十分でした。

チャーシューチャーハンはパラパラ系。
味付け濃い目です。
角切りチャーシューが豪快にトッピングされていて、チャーハンだけでも食べごたえ十分。

唐揚げは5口分くらいあるビッグサイズ2個。
揚げたてで外側カリカリで中ホクホク。
白ご飯を欲するくらい醤油味がしっかり付いていました。

焼売はまろやかな味わい。
爽やかに胡椒が口の中を刺激してきました。
クセがなく食べやすい。

スープがめちゃめちゃ優しい。
ほっこりしました。

これはビール必須メニュー。
お値段はしっかりしているけど、大阪王将の魅力を一度に味わえてお気に入りメニュー入りしました。
武蔵小杉ナポリタンに武蔵小杉サンマーメン、店長特製麻婆炒飯も食べたい!
子どもと一緒に入るのはハードルが高そうなので、ひとりランチの機会にリピートすると心に決めました。

▼おでかけした飲食店
大阪王将 武蔵小杉東急スクエア店

▼いただいたメニュー
・武蔵小杉セット:1,350円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:席数少なめ
・同僚と:ボリューム満点

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました