【レポ】元住吉「富士見庵」の天丼ランチ

シラタキ
シラタキ

外出自粛前のおでかけレポートです。コロナ終息後のおでかけの参考に!

元住吉「富士見庵」の天丼ランチ

ブレーメン通りの蕎麦屋さん「富士見庵(ふじみあん)」でお昼の旬天丼を。

お蕎麦屋さんの天丼なら出汁がきいててきっと美味しいだろうと思い注文しました。

BGMが控え目です。
静かで、厨房から天ぷらを揚げるパチパチという音が響いてきます。

妻「(天ぷらを見て)美味しそうじゃない?大好きなんだけど湯葉」
妻が注文した定食には湯葉の天ぷらが入っているようでした。
妻「こんな分厚い湯葉の天ぷら、初めて食べたかも」
いいなぁ。
この時は、まだ、私が注文したお昼の旬天丼に湯葉の天ぷらが入っていることに気付いていませんでした。

まずはお吸い物をひとくち。
香り豊かで美味しい。
お吸い物でこのレベルならと期待が膨らみます。

お昼の旬天丼には、海老天と温玉の天ぷら入り。
タレを染み込んだしなっとタイプの天丼です。
温玉を崩して他の天ぷらと一緒にいただきました。
タレは優しいあっさりタイプ。

一番印象的だったのは、好物の海老天でも温玉天でもなく、湯葉の天ぷら。
初めて食べました。
分厚くて、とろっとしてて、最初口にした時、湯葉と気付きませんでした。
その濃厚さから、ちびちびと食べるはずだった温玉を誤って一口で食べちゃったと勘違いする程。
咀嚼しながら食べたく、リピートしたいと思いました。

▼おでかけした飲食店
富士見庵

▼いただいたメニュー
・お昼の旬天丼:820円

▼おすすめのシーン
・ソロ活(カウンター席あり)
・デート(和食デートに)

コメント

タイトルとURLをコピーしました