武蔵小杉にも「ラーメン豚山」が!デビュー戦でアレのコールとおすすめの食べ方を試してきた

スポンサーリンク

ラーメン豚山武蔵小杉店で、ランチに小ラーメン(ニンニク少し、アレ)とライスを。
豚山は東京都と神奈川に約20店舗展開するラーメンチェーン。

豚山の特徴は他に負けない力強いスープにコクのある醤油ダレ。
やわらかいぶた肉とボリュームたっぷりの野菜が特徴です。

豚山の公式サイトより

そんな豚山が武蔵小杉にオープンしたのが2022年4月。
私が住んでいる元住吉にも店舗があり、一度テイクアウトを利用したことがありました。
元住吉へ引っ越してすぐにコロナだったため、イートインで行かないまま今に至っていました。

二郎系とのことで行く前に予習することに。
ラーメンが提供される前にニンニクや野菜の量を口頭で伝える「コール」という行程があり、さらにそのコールで注文できる無料トッピングの「本日のアレ」というものがあるらしい。
毎朝、豚山のTwitterで各店舗の「本日のアレ」が公開されるとのことでチェックしてみることに。
訪れた日は10時30分頃の投稿で、蔵小杉店の「本日のアレ」は「フライドガーリック」

武蔵小杉店のあるJR武蔵小杉駅北口ロータリーへ向かいました。
到着がオープン直後だったので7人オープン前から待っていたことになります。
オープン10分後の11時10分には、カウンター席14席は全て埋まりました。
恐るべし豚山人気。

まずは券売機で食券を購入します。
「小ラーメン」と「ライス」のボタンを押してモバイルSuicaで支払いました。
あっ、味玉も注文するんだった。
まっいっか。
ライスのことばかり気にかけて味玉を注文するのを忘れていました。

ラーメン提供前のコールを順番に聞かれます。
ホームページの他、席にも注文方法の案内があるので初心者もコールしやすいです。
続々と進んでいたコールの順番が何故か私の前でストップ。
待っている3分間ドキドキしました笑
「○番さん、ニンニク入れますか?」
キターーー
「ニンニク少し、アレでお願いします」
これで下記をお願いしたことになります。

  • ニンニク:大さじ半杯
  • 野菜:標準(300g)
  • 背アブラ:標準
  • 味の濃さ:標準
  • 本日のアレ:フライドガーリック
↑記事冒頭と同じ動画です。

そして完成したラーメンがテーブル越しに手渡されます。
レンゲに隠れていましたが、ニンニクは「少し」でもそこそこの量です。
スープからニンニクの香りがプンプンしました。
スープをすするとピリっとスパイシー。

太麺がもっちもち。
標準でも300gもあるもやしも一緒に食べながらなので、麺の量がなかなか減りません。
音を立てず綺麗に食べようと考えてはいけません。
二郎を食べる時と同じように豪快に勢い良くすすりました。

極上ぶた肉(チャーシュー)はトロトロで柔らかい。
肉と脂が良い塩梅でした。
おすすめの食べ方として紹介されていたように、ライスの上にのせてチャーシュー丼に。
本当は増した背アブラをかけるのが良いとのことですが、胃腸のことを考えて控えました。
味付けはあっさり目で、スープを追いがけしながらいただいました。

隣の席との間隔が狭くて、アクリル板に割り箸を何度かツンツン当ててしまいました。
この日は真夏日。
エアコンが音を立てるくらいガンガン効いていたものの全身から汗ダラダラでした。

他のお客さんのコールを聞いているとまるで学校の発表会みたい。
元気にコールするお客さんもいれば、私のように不慣れにコールする人も。
店員さんはどんなコールでも優しく受け止めてくれました。

▼おでかけした飲食店
ラーメン豚山武蔵小杉店

▼いただいたメニュー
・小ラーメン(ニンニク少し、アレ):830円
・ライス:100円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:全席カウンター席

▼ほかの「武蔵小杉ラーメン」店開拓レポート

▼ラーメン店以外のお店を含めた「武蔵小杉ランチ」の最新開拓レポートはこちら

武蔵小杉・元住吉の地元民おすすめランチマップ&開拓レポ
2020年に渋谷から川崎市の武蔵小杉・元住吉に引っ越してきたシラタキ家。 引っ越し前までは都内を中心におでかけしましたが、武蔵小杉や元住吉の街のことをもっと知りたい! そんな思いで、東京のおでかけレポートに加えて、武蔵小杉と元住吉のランチ...
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました