【レポ】はま寿司の100円回転寿司&ランチテイクアウト

100円回転寿司チェーン「はま寿司」

自宅最寄りのはま寿司は綱島街道沿い。
元住吉駅と日吉駅のちょうど中間あたりにあります。
イートインで2回、テイクアウトで1回訪問。
それぞれのおでかけの様子をレポートにまとめました。

スポンサーリンク

はま寿司の名品を全部食べてみた編

スポンサーリンク

はま寿司 もとまちユニオン日吉店で、ランチにレッツのおでかけ記事で「絶対食べるべきはこれだ!“中の人”が何度もリピートしてしまう名品」として紹介されていたフード7品を全部食べてみました。
節約のため、はまカフェコーヒーのみ見送り。

前回訪問時と同じく、タッチパネルで人数や希望の席種別を選択し、発券された席番号の席へ。
席に着くまで店員さんとの接触はありません。

着席して早速注文開始です。
まとめて注文できず、一品いっぴん注文しなければいけないタッチパネルの仕様、何か特許の問題でこうなってるんでしょうか。
毎度手間に感じてしまいます。
ナレーションの声が変わったことに気付きます。
ミサトさん?
辺りを見渡すとエヴァンゲリオンのポップが。
はま寿司とエヴァ、どうやらコラボレーションしているようです。

BGMは小音。
「ご注文ありがとうございました」
「まもなく到着しまーす。お取り忘れにご注意ください」
コロナで話し声があまりしないし、店中でタッチパネルのピッピッという音とミサトさんの声がエンドレスに響き渡る独特の雰囲気に。
たまにタイミングがピッタリ合ってシンクロします笑

7品一気に注文して5分以内に全品やってきました。
麺類もレーンで流れてくるかと思いきや店員さんが横から運んできてくれました。
この異種混合のズラリ感。
回転寿司店ではなかなか目にしない光景です。
ささっと撮影を終え、麺が伸びる前にと麺類から食べることにしました。

チャーシュー1枚に煮卵半分カットのシンプル。
麺はかなり柔らかい。
麺にスープがよく絡みます。
豚骨スープの本格的なクサミのせいかなぁ。
想像していた安っぽさがありません。

続いて蕎麦。
甘くて柚子の香りがしっかりしたつゆ。
ラーメンと同じく麺はとことん柔らかい。
スープが良ければすべて良しに感じてしまう珍感覚。

お寿司は100円回転寿司の標準的な品質です。
今回はネタがシャリからズレ落ちたずっこけ寿司がゼロでした笑

デザートにプリン。
食べ進めてもフォルムが崩れないくらい少し固め。
とろっとした食感で僅かにねっとり感もあります。
安っぽさを感じないギリギリを攻めてる印象を持ちました。

合計1,320円。
楽天ポイントカードを提示してから、VISA LINE Payクレジットカードを紐付けたd払いで支払いました。

うーん、私にとっては「絶対に食べるべき」と友人に勧めたい名品たちでは無かったかなぁ。はま寿司行くの前提で、注文して失敗しないメニューたちではありました。
初号機暴走ロールって、はま寿司自体が暴走しかけ感を覚えてしまいましたが、前回訪問時からより良くしていこうという姿勢を感じ取れました。
はま寿司の今後の暴走、改め進化に期待してます。

▼おでかけした飲食店
はま寿司 もとまちユニオン日吉店

▼いただいたメニュー
・まぐろ:100円
・サーモン:100円
・大葉漬け真いか:100円
・えびアボカド:100円
・博多とんこつラーメン:380円
・鴨そば:260円
・たまごプリン:160円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:カウンター席あり
・子連れ:テーブル席豊富

▼参考にしたおでかけ記事
「はま寿司」で絶対食べるべきはこれだ!“中の人”が何度もリピートしてしまう名品8選

(PR)「はま寿司」で絶対食べるべきはこれだ!“中の人”が何度もリピートしてしまう名品8選|レッツエンジョイ東京
「は」の文字が書かれた看板を目印に全国展開する人気100円寿司チェーン店「はま寿司」。今回は、常時100種以上をラインナップしているというお寿司・サイドメニューの中から、「訪れたら絶対食べるべき!」なこだわりメニューを“中の人”に教えてもらいました!
スポンサーリンク

100円回転寿司イートイン編

スポンサーリンク

はま寿司 日吉店でランチを。
500円海鮮丼のテイクアウト利用しかしていなかったため、イートインで訪れてみました。

はま寿司は綱島街道沿い。
ちょうど元住吉駅と日吉駅の中間あたりにあります。
ベビーカー入店OKで子供椅子もあるので子連れでも安心です。

お店に入ってすぐに佇むペッパーのタブレットを操作して案内された席へ移動します。
お店に入って食事をするまで店員さんとの接触はありません。

潔くレーンには注文商品以外の皿は廻っていませんでした。
注文はタッチパネル式。
まとめて注文できず一品一品注文する流れでした。

100円皿をパパっと注文していきます。
都度爽やかなお兄さんの声でお礼が返ってきます。
うーん、まとめて注文したい。

妻「ご飯がかたくない?」
シャリはこぶりでかためです。

いかは柚子の香りがして噛むととろけました。
あぶりホタテは焦げが香ばしい。
海老天はしっかり揚げ立てでした。

妻「ずこーってなってる笑」
転がって到着。
100円だし、これもご愛嬌かな。

妻「遠心力で倒れちゃうんじゃない?」
150円皿も見事に海老がずれ落ちてました。
私が注文した唯一の一貫盛りはかわいいサイズでした。
妻「ん!味はうまい」

妻「この日妻が高評価を下したのはあぶりサーモンでした」

他の100円回転寿司チェーンに行ってからだと、はま寿司のクオリティはどうしても劣って見えてしまうと思いました。
まわりにおすすめできないし、リピートは無いかなぁ。

スポンサーリンク

500円海鮮丼テイクアウト編

スポンサーリンク

最寄りのはま寿司日吉店で500円丼ぶり(ワンコイン丼ぶり)をテイクアウト。

テイクアウトでもお店で待つ時間を極力短くしたく「お持ち帰りWeb注文」というサービスを利用してみました。
会員登録してから商品と受取日時を選んで注文、クレジットカード情報を入力して支払います。
あとはお店へ行って受け取るだけ。
当日は1時間先の受取時間の受付でした。

元住吉から日吉に向かう途中の大通り沿いに、はま寿司がありました。
イートインのお客さんも多くいました。

お店では名前を伝え、ポイントカードを提示。
Web注文では楽天カードで決済して、店頭では楽天カードを提示してポイントの二重取りです。
ポイントを付与してもらった後は待合スペースに案内されます。
回転寿司のレーンが並ぶカウンター席の一角を持ち帰り専用の待合スペースになっていました。
間隔を空けて椅子が置かれていて座って待ちます。
店員さんがバックヤードから戻ってきて商品を届けてくれますが、袋詰めはセルフです。

今回テイクアウトしたのは、2020年3月から販売開始された500円丼ぶり(ワンコイン丼ぶり)。
まぐろ丼、まぐろサーモン丼、牛カルビ丼、サーモン丼の4種類があり、好物のサーモンがたっぷり乗ったサーモン丼を選びました。
サーモンが8枚といくらが盛られた海鮮丼です。
サーモンは薄切りですが、脂が程良く、塩っけがあり、醤油無しでもいけます。
シャリのお米も立っていて作り置き感がありません。
税込み500円の本当にワンコインで食べられるハイコスパな海鮮丼でした。

最近は飲食店でイートインしていなくてテイクアウトばかり。
イートインで食べたら、きっと美味しいんだろうなぁと、ガッカリすることが多かったんですが、はま寿司のテイクアウトはそれがありませんでした。
もともと冷めてるメニューのテイクアウトだと、ガッカリを感じにくいのかな。

妻は2貫ずつのバラ売り寿司を組み合わせて10貫を注文していました。
妻「サーモンイクラ寿司にして食べようかな。美味しい。サーモンとろとろ」
ご満悦でした。
妻「すぐ終わっちゃった。(小声で)パン食べる?」

▼テイクアウトしたお店
はま寿司日吉店

▼テイクアウトしたメニュー
・寿司屋のサーモン丼:500円

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました