武蔵小杉「ぼんたぼんた」のイートイン限定メニューを食べてきた!おにぎりをデリバリーもできるらしい

スポンサーリンク

武蔵小杉東急スクエアのおにぎり専門店「ぼんたぼんた」で、イートイン限定メニューのぼんたの出汁茶漬けを。

さすがに子連れでランチするにはハードルが高いと思い利用を控えていました。
かながわPay加盟のランチスポット巡りがほぼ終わり、残るはぼんたぼんたを含む数店舗。
武蔵小杉でひとりでランチする機会に訪れてみました。

イートインでいただく場合も、まずは注文口で注文して支払いの流れです。
ぼんたの出汁茶漬けをいただきたい旨を店員さんに伝えると、好みのおにぎりを選ぶように言われます。
ポップを見返すと確かに「好みの具材にてお召し上がり頂く」と書いてありました。

注文するまで具材を選択するなんて考えてなかったので、熟考すること10秒。
おにぎりメニューの中でも最も高価な300円の高級すじこを選択しました。
値段が加算されるのかと思いきや、ポップと同額の450円でした。
キャッシュレス決済はスマホ決済を含めて豊富に対応。
かながわPayのポイントで支払いました。

基本はテイクアウトのお店。
イートインはハイチェアのカウンターの3席のみです。
BGM無しで、時々響く電車の通行音と通行人の話し声だけのひっそりとした空間でした。
おにぎりだけに相対して集中していただける環境。

イートインでは緑茶やほうじ茶をサービスでいただけるそうで、唯一の冷たい飲み物だった麦茶をいただきました。
注文が立て込んでて待つとの事前の案内がありましたが、5分足らずの素早い提供でした。

↑記事冒頭と同じ動画です。

おにぎりが丸々浸かっているのを想像しましたが、普通にそのままのお茶漬けでした。
握ってはいなくて、おにぎりの素材をお茶漬けにした感じ。
丼サイズのご飯のボリュームです。
すじこもご飯の中にではなく上にトッピング。
おにぎりとしていただくよりも量が多そう。

レンゲでいただきます。
出汁は優しい鰹出汁でした。
練りワサビを加えると爽やかな香りに。
実際にいただいてみて、すじこの量はおにぎりサイズだと十分かもしれないけど、お茶漬けにすると倍は欲しいなぁ。
+50円や+100円で具材増しできると満足度かも。

おにぎりって出前するんですね。
出前館が頻繁に受け取りに来ている様子に軽く驚きました。
さすがに1人分の2個や3個の注文ではなく、複数人分をまとめて注文するのかな?

▼おでかけした飲食店
ぼんたぼんた武蔵小杉東急スクエア店

▼いただいたメニュー
・ぼんたの出汁茶漬け:450円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:カウンター3席のみ&テイクアウト

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました