話題の『生クリームあんぱん』も!横浜・川崎しかないパン屋「ボンヴィボン」のおすすめを大人買い

スポンサーリンク

新川崎「Bon Vivant(ボン ヴィボン)コトニアガーデン店」でおすすめパンをテイクアウト。
新川崎のボンヴィボンがあるのは、川崎市北加瀬にある商業施設「コトニアガーデン」の一画。
普段通っているコメダ珈琲店川崎南加瀬店から近く(と言っても10分くらい歩くか)、コメダの帰り道に立ち寄りました。
ボンヴィボンは新川崎の他、横浜市青葉区と川崎市麻生区にもあるらしい。

小さいパン屋さんですが、通路が広くてベビーカーでもスイスイ通れます。
気になったパンを次々にセレクトしてお会計。
キャッシュレス決済はスマホ決済を含めて豊富に対応していました。

お隣はタリーズ。
ドリンクを注文するとタリーズでボンヴィボンのパンをいただくこともできるらしい。
次訪れてみた時にタリーズで食べてみようかな。

テイクアウトしたパンを妻に半分ずつカットしてもらいました。
妻「パンって美味しいね」
妻はボンヴィボンのパンを気に入ったようです。
またリピートすることになりそう。

ほうれん草のもっちりフランス

妻「んっもちもち。しょっぱい。なに?ほうれん草?」
チーズ入りのふかふか厚切りパン。
パン自体が甘い。
グラタンの焼き目のようにチーズと玉ねぎがかかっていました。

オニオンブレッド

妻「常連っぽいおじさんが持っていたから、見てみたらおすすめって書いてあった」
名前の通りもっちり。
オリーブオイルの香りがしました。
塩味でパンの旨味が引き立っていました。

生クリームあんぱん

あとで知ったんですが、女優、榮倉奈々が差し入れに買って行くほどのお気に入りでテレビでも紹介されたことがあるらしい。
横浜高島屋でも販売されていたことがあるのかな。知らないで偶然購入していました。

妻「んー。これやばいね」
半分カットを一口でペロリ。
生クリームがたっぷり。
ホイップクリームよりミルキーさを感じました。

ショコラ

断面を先に見ちゃうとチョコが少なく感じてしまう。
デニッシュ生地のバターの香りが豊か。
チョコは少量ながらも濃厚で存在感がありました。

生ハムとカマンベール

外側はカリッとしていて香ばしく、もちっと弾力ある生地です。
生ハムがしょっぱい。
噛むほどパンと生ハムとカマンベールが馴染みました。

ピリ辛塩豚

パンが柔らかくてふわっふわです。
ピリ辛まではいかないかな。
爽やかな辛さ。
胡麻がたっぷりで香ばしい。
香る肉まんパンといった印象。

チーズ焼きカレー

生地がふわっふわ。
そしてカレーがずっしり。
濃厚な味わいで後から辛さが来るタイプのカレーでした。

あんバター

パンはかためのもっちり系。
厚切りバターが挟んであってインパクト大。
噛む度にコクが増すのを感じました。
あんこは優しい甘さ。

妻「あんバターのバターがすごかったね。かたまり!」

↑記事冒頭と同じ動画です。

▼テイクアウトしたお店
新川崎「Bon Vivant (ボン ヴィボン) コトニアガーデン店」

▼テイクアウトした商品

  • ほうれん草のもっちりフランス:356円
  • オニオンブレッド:302円
  • 生クリームあんぱん:172円
  • ショコラ:248円
  • 生ハムとカマンベール:302円
  • ピリ辛塩豚:302円
  • チーズ焼きカレー:291円
  • あんバター:280円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:カウンター専用

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました