唐揚げもチキン南蛮も!武蔵小杉「とりいちず」のランチメニューは満腹目的のひとりご飯に良さそう

スポンサーリンク

武蔵小杉の鶏料理専門店「とりいちず」で、ランチにでか唐揚げとチキン南蛮の相盛り定食を。

妻と息子との3人で武蔵小杉へおでかけ。
とりいちずは武蔵小杉の南側、府中街道沿いにあります。
じねんじょ庵の隣の居酒屋です。

1階はカウンター席の他、1階は2人掛けと4人掛けのテーブル席が1組ずつ。
どうやら2階にも席があるみたい。
入口が狭く、ベビーカーで入るのがやっとでした。

入口すぐの4人掛けテーブル席に案内されました。
注文はQRコードをスマホで読み込んで行うモバイルオーダーでした。

私はでか唐揚げとチキン南蛮の相盛り定食を選択。
唐揚げとチキン南蛮の個数の組み合わせを選べ、最も多い唐揚げ3個とチキン南蛮2個を選びました。

妻は焼き餃子とでか唐揚げ定食を。
洋楽のポップスのBGMを聴きながら待ちました。

↑記事冒頭と同じ動画です。

妻「(チキン南蛮は)唐揚げにタルタルをかけただけ?」
チキン南蛮のベースは同じ唐揚げっぽい。
よくよく見ると、タルタルソースの他、甘酢がかかっているようでした。

まずは唐揚げから。
とにかく大きい。
3口〜5口分はありそうな巨大唐揚げ。
衣がザックザク。

香辛料が混ぜ込まれているのか香ばしさマックスでした。
中のモモ肉にまでしっかりと醤油が染み込んでいました。
旨味があってご飯が進みます。
妻「美味しいよ。揚げたてで」

チキン南蛮の甘酢はあと掛けタイプかな。
タルタルソースは柴漬けのような爽やかな酸味を感じました。
唐揚げ2個とチキン南蛮1個の相盛りは少ないんじゃないかと思いましたが、それでも十分満腹になれそうなくらい1個1個にボリュームがありました。

妻が通門した焼き餃子の餡には鶏肉を使っているらしい。
表面をよく焼いた香ばしい餃子でした。

キャッシュレス決済はクレジットカードとPaPayに対応。
Revolutを支払元にPayPayで支払いました。

▼おでかけした飲食店
とりいちず武蔵小杉店

▼いただいたメニュー
・でか唐揚げとチキン南蛮の相盛り定食:1,034円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:カウンター席あり

▼同じ「武蔵小杉唐揚げランチ」のおすすめは?

▼同じ「武蔵小杉唐揚げランチ」ブログ記事

▼ほか「武蔵小杉唐揚げ」以外を含む、最新の「武蔵小杉ランチ」ブログ記事はこちら

武蔵小杉ランチのおすすめは?地元住人が300店を食べ歩いた結果
2020年に渋谷から川崎市の武蔵小杉・元住吉に引っ越してきたシラタキ家。 引っ越し前までは都内を中心にランチやスイーツを開拓してきましたが、 せっかく住むことになったんだから武蔵小杉や元住吉の街のことをもっと知りたい! そんな思いで、武蔵小...

コメント

タイトルとURLをコピーしました