唐揚げならココ!武蔵小杉のランチを200店食べ歩いた地元住人のおすすめ3選:テイクアウトも可

元住吉へ引っ越してきて4年。
元住吉を含みますが、武蔵小杉のランチの開拓数は300店(武蔵小杉に絞ると200店)を超えました。
そこで、よくグルメメディアやSNSで紹介されているような、○○選というかたちで飲食店を紹介するまとめ記事を始めてみることにしました。
第一弾の「タイ料理」に続く第2弾のテーマは「唐揚げ」

武蔵小杉で唐揚げと言ったら、ぶっちゃけ、武蔵小杉駅近くにもある「からやま」を連想します。
元住吉店はリピート利用しているんですが、おそらく同じだろうと思い、武蔵小杉店はまだ訪れたことがありません。
今回は「からやま」以外でおすすめをセレクトしました。

おすすめを紹介した後に、それらの中から妻と私それぞれのマイベストを紹介しています。
最後まで読んでいただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク

なるとキッチン

なるとキッチンは、JR武蔵小杉駅北口にオープンした若鶏半身揚げとザンギの専門店。
駅改札を出て階段を下りてすぐのアクセス抜群です。

路面側が厨房と注文口で、奥にイートインスペースがあります。
ランチメニューは定食スタイル、夜はアラカルトの居酒屋スタイルです。

私たちは2022年のオープンしたばかりの頃に訪れました。
私はザンギタルタル定食、妻は鶏と野菜のスープカレーをいただきました。
Suicaでの支払い時にJREポイントが貯まります。

↓ランチ当日の様子はこちらのブログ記事で↓

スポンサーリンク

らんまん食堂

らんまん食堂は、武蔵小杉駅の南側、グランツリー武蔵小杉1階のからあげ専門店。
イートインはカウンター席のみです。

私は2022年に訪れてチキン南蛮セットをいただき、妻は別日に唐揚げをテイクアウトしました。
唐揚げのタルタルソース掛けよりもサラダの方がインパクトが大きい。

↓ランチ当日の様子はこちらのブログ記事で↓

スポンサーリンク

てんてこん

てんてこんがあるのは武蔵小杉駅の南側。
府中街道の小杉3丁目交差点から南側へ曲がってサライ通りをひたすら南下したところです。
途中、有名広東料理店「粥菜坊(かゆなぼう)」の前を通ります。

4人掛けテーブル席が1組、2人掛けテーブル席2組、カウンター2席の小さなイートインスペースです。
メニューはからあげ定食とからあげ単品、フライドポテトと飲み物のみ。

私たちは2022年に訪問。
もも3個とむね2個がセットになったからあげ定食をいただきました。
セルフサービスで紅茶やコーヒーを自由に飲むことができます。

↓ランチ当日の様子はこちらのブログ記事で↓

スポンサーリンク

選べない人におすすめしたいマイベスト

今回紹介した3店ともおすすめですが最後にマイベストを発表します!
妻はらんまん食堂、私はてんてこんです。

妻

それぞれそんな大差なかった気がするけど。
なるキッチンで食べたのカレーだし。
何とも言えないっす。

シラタキ
シラタキ

駅から離れているけど子連れでゆっくり食事できるのが大きい。
白ご飯が美味しかったのもポイント。

▼同じ「武蔵小杉ランチ」まとめシリーズ第1弾は「タイ料理」

▼ほか「唐揚げ」「タイ料理」以外を含む、最新の「武蔵小杉・元住吉のランチ」ブログ記事はこちら

武蔵小杉ランチのおすすめは?地元住人が300店を食べ歩いた結果
2020年に渋谷から川崎市の武蔵小杉・元住吉に引っ越してきたシラタキ家。 引っ越し前までは都内を中心にランチやスイーツを開拓してきましたが、 せっかく住むことになったんだから武蔵小杉や元住吉の街のことをもっと知りたい! そんな思いで、武蔵小杉と元住吉のランチレポートを始めました。 妻と子供2人の4人で出かけるため、子連...

コメント

タイトルとURLをコピーしました