このブログはプロモーションを含みます

これが私流の食べ方!コメダの「シロノワール」はオリジナルが最強だった

コメダ珈琲店メニュー開拓第36弾は、熱々冷々(あつあつひえひえ)コメダの奥義「シロノワール」
デニッシュの上にソフトクリームを乗せた、コメダ珈琲の超人気の定番メニューです。

この日、コメダ珈琲の「季節のケーキ2022春夏」の販売開始を受けて自宅最寄りの川崎南加瀬店を訪れたところ、全4種のうち、「ごちそうクリーム」のみ売り切れ。
全種類揃った上で食べ比べたいと思い、季節のケーキの開拓を見送りました。
代わりに注文したのが通常のシロノワール。

先日おかげ庵でほうじ茶ソフトクリームがのったシロノワールをいただき、シンプルなシロノワールの美味しさに改めて気付きました。
そこで、年間を通して季節限定シロノワールばかり食べてきた結果、数年食べていない定番商品のシロノワールをあらためて確かめてみたいと思い注文しました。

10分後、オリジナルのシロノワールと数年ぶりの再会を果たしました。
季節限定シロノワールに比べて華やかさはありませんが、造形美と呼ぶのでしょうか、その佇まいに美を感じました(盛り過ぎ?)
それくらい心が動きました。

↑記事冒頭と同じ動画です。

一通り撮影を終えて、ソフトクリームが溶けないうちにいただきます。
デニッシュ生地に厚みがあってふかふかです。
このふかふか食感は季節限定のシロノワールでは体験できません。
さらに温かいと冷たいのコントラストをいつも以上に楽しめました。
シンプルだからこそストレートに感じます。
ソフトクリームだけで十分食べ進められますが、メープルシロップをかけていただくと甘みとコクがグッと増します。
シロップは使っても使い切れないくらいの量があるのでたっぷりかけていただきました。

ここでタイトル回収。
私流、シロノワールの食べ方の紹介です。
店員さんからフォークとスプーンが運ばれてくると思いますが、私はフォークを使いません。
スプーンだけです。
さすがにスプーンで生地をすくって食べようとはしません。
一切れひときれ、手に持っていただきます。
左手にデニッシュ生地、右手にスプーンを持ち、ソフトクリームをすくってデニッシュ生地につけて食べるを繰り返します。

ソフトクリームはデニッシュ生地を半分食べ切るまで上にのせたまま。
半分食べたら皿の上にスライドします。
メープルシロップはスプーンと持ち替えて、左手に持ったデニッシュ生地にかけていただきます(この日は撮影のために皿にのせた状態でかけました)
溶け出したソフトクリームや皿に零れ落ちたシロップを、最後の一切れでさっと拭くように回収して完食。
頑張ってフォークで食べようとするとぐちゃぐちゃになってしまうシロノワールを、想像以上に綺麗に食べられると思います笑

シロノワールは、シンプルイズザベストを体現しているような逸品。
これまでコメダ珈琲のメニューを数多く開拓してきましたが、体験はトップレベル。
看板メニューの底力を感じました。
また原点に戻ってみたい時に食べてみよう。
さて、次回は季節のケーキ2022春夏を朝一開拓しようかな。

▼おでかけしたコメダ珈琲店
コメダ珈琲川崎南加瀬店

▼開拓したコメダ珈琲メニュー
・シロノワール:通常サイズ650円

▼おすすめのコメダ珈琲店メニュー開拓シーン
・ソロ活:カウンター席あり
・デート:ゆったりできる
・子連れ:ベビーカー入店可/子供椅子あり

コメント

タイトルとURLをコピーしました