このブログはプロモーションを含みます

コメダ珈琲でスパゲッティを食べ比べ!11時からの勝者はナポリタンかミートソースか

コメダ珈琲メニュー開拓第34弾は、「喫茶店の王道」ナポリタンと「コクと旨味の本格派」ミートソース。
スパゲッティメニュー2品目を同時開拓してきました。

この日も妻と子供2人の4人で、自宅最寄りのコメダ珈琲、川崎南加瀬店へ。
妻「平日も混むんだね」
12時過ぎの到着で7組も待っていました。
席に案内されたのは20分後。
平日ならお昼でも空いているだろうという読みが外れました。

コメダ珈琲店に11時過ぎに訪れるのは稀なので、11時提供開始のスパゲッティメニューを開拓してみることにしました。
妻は喫茶店の王道、ナポリタン。
私はコクと旨味の本格派、ミートソースを。
それぞれ異なるスパゲッティを注文して食べ比べです。

スパゲッティーメニューにはもう1種類、「旨辛カリー」インディアンスパゲッティもあり、3品同時食べ比べも一瞬頭を過りましたが見送りしました。
また、スパゲッティに付いてくるバケットはルーブルパンに変更可能。
妻はバケットをルーブルパンへ変更しました。
ちなみにドリンクと一緒に注文すると、ドリンク代+770円、ドリンク無しの単品は970円です。
注文時に店員さんから念のための料金案内がありました。

そして待つことさらに20分。
いやぁ、待ちました。
スパゲッティ2皿同時提供でした。
サラダとスパゲッティとの間にスペースがあって盛り付けが残念な感じ。
見た目で逆詐欺感はありません。

↑記事冒頭と同じ動画です。

ささっと撮影を終えて食べ比べを開始。
さすが2.2mmのコメダ特製太麺。
もっちりしていて、口に含んだ時の重厚感があります。

先に妻が注文したナポリタンから。
ケチャップソースが甘い。
ロメスパのようなこってりしたものをイメージしていましたが、これが喫茶店スタイルなのでしょうか。
あっさりしていました。

続いて私が注文したミートソース。
妻「大人のミートソースだね」
ナポリタンを食べた後だと甘くないのがよく分かります。
旨味とコクで食べ進める、妻が言う通りの大人の味でした。

うーん、、勝者はどっちだろう。
あくまで個人的な感想で正直に言うと、コメダ珈琲としては低レベルでの争いとなってしまいました。
味はミートソースに軍配かなぁ。
ただ、単品で970円と、カジュアルなイタリア料理店でランチに単品で注文する価格と同じくらい。
待ち時間のことも含めて考えると、コストパフォーマンスが悪いかな。
他の良メニューが充実している中、敢えてスパゲッティを注文する必要は無いと思いました。

バケットとサラダはいつもと同じです。
バケットの表面は軽くトースト。
バターがたっぷり塗られていてガーリックトーストを食べているような旨味とコクを楽しめました。
ルーブルパンは私が食べる前に娘が食べてしまいました。

▼おでかけしたコメダ珈琲店
コメダ珈琲川崎南加瀬店

▼開拓したコメダ珈琲メニュー
・「喫茶店の王道」ナポリタン:単品970円
・「コクと旨味の本格派」ミートソース:単品970円

▼おすすめのコメダ珈琲店メニュー開拓シーン
・ソロ活:カウンター席あり
・デート:ゆったりできる
・子連れ:ベビーカー入店可/子供椅子あり

コメント

タイトルとURLをコピーしました