これが鎌倉の最新食べ歩きか!しらすにわらび餅スイーツ、現地ライターおすすめの名店を巡った結果

GW中日の平日休みの朝、レッツエンジョイ東京でおでかけ情報を収集していたら鎌倉の食べ歩き記事を発見。
カレーパンにクレープ、わらび餅ドリンク。
生しらすなんてまさに鎌倉っぽい!

【鎌倉】これを食べれば間違いなし!定番食べ歩きグルメ4選|レッツエンジョイ東京
神奈川県の屈指の観光地のひとつ、鎌倉。2022年はNHK大河ドラマの舞台にもなっていて、再注目されているエリアですが、実は多くの食べ歩きグルメが楽しめる地としても、人気が高いのはご存じでしょうか。そこで今回は、現地に住むライター河野博史さんに、“これだけ食べておけば間違いない”という、鎌倉の定番食べ歩きグルメを紹介して...

グルメスポットを巡って食べるのは子連れでは超難度。
ひとりで行けるタイミング、かつ、平日休みの今日行っておくべきでは?と思い即決。
支度して自宅の元住吉から東横線に飛び乗り横浜方面へ。
横浜駅で湘南新宿ラインに乗り換えて鎌倉駅まで。
武蔵小杉からだと1時間くらいで来れちゃうんですね。

事前に地図でお店の場所を下調べして下記の順番に食べ歩きすることにしました。

Giraffa(ジラッファ)のカレーパン

はんなりいなりの生しらすミルフィーユ

甘味処鎌倉の桜ラテ

KANNON COFFEE kamakuraの柑橘アールグレイのクレープ(大仏ビスケット付き)

果たして、現地ライターが紹介したこれらの名店を制覇することができるのか。
鎌倉駅を出て平日休みのはずが人の多さに驚きました。
時間は11時過ぎ。
鎌倉小町通りは混雑でノロノロ歩き状態。
これ、休日はどうなっちゃうんだろう。

スポンサーリンク

Giraffa(ジラッファ)のカレーパン

まずはカレーパン専門店「Giraffa(ジラッファ)」でカレーパンをいただくはずが、、お店を訪れるとシャッターが閉まってました。

貼り紙というか吊り紙があって読んでみると、製造が間に合わないので一時販売休止とのこと。
なんじゃそりゃー。
気を取り直して、次のお店へ向かって、さらに小町通りを進むことに。

スポンサーリンク

はんなりいなりの釜揚げしらすのミルフィーユ

次に、はんなりいなり 鎌倉小町通り本店で生しらすのミルフィーユをいただくはずが、、大丈夫、お店は開いてました。

店頭には10組くらいの待ち客。
ほっとしたのも束の間、目当ての生しらすミルフィーユは、生しらす入荷待ちで販売中止。
ツイてない。
レッツエンジョイ東京のおでかけ記事で合わせて紹介されていた釜揚げしらすのミルフィーユを注文することに。
キャッシュレス決済はスマホ決済を含めて豊富に対応。
d払いで支払いました。

店内には5人くらい飲食できる立ち食いスペースが。
奥にはテーブル席もありましたが、コロナ対策のためか利用できませんでした。
注文後にスプーンだけ受け取ってカウンター席で待つことに。
スプーンだけ握り締めて10分くらい待ったと思います。

味は付いているのでそのまま食べるように案内があります。
食べにくい!
しらすがポロポロ落ちます。
中にはとびっこ、玉子焼き、たくわん等、いろんな具材が入っていて飽きることはありません。
見た目以上のボリュームがありました。

カップルに挟まれて、ひとりしらすのミルフィーユを食べ切りました。

スポンサーリンク

甘味処鎌倉のいちごショコラ

残り2店舗はスイーツです。
甘味処鎌倉があるのは鎌倉小町通りを奥まで進んでほぼ終点近くです。
さすがにここまで来ると人通りが落ち着きます。
店頭にはわらび餅を求める数人の行列が。

レッツエンジョイ東京で紹介されていた桜ラテは販売が終わっていました。
代わりに期間限定メニューとして販売が始まったいちごショコラをいただくことに。
キャッシュレス決済はスマホ決済を含めて豊富に対応。
かながわPayを使ってポイントで支払いました。

お店のイートインスペースは数席のみです。
店名が入った壁のあるベンチしか空いてなくてそこに座ることに。
この壁が写真スポットなので少し気まずい。

一口目がなかなか吸えない。
勢い良く吸い込んだらとろっとした物体が口の中に飛び込んできました。
なるほど!確かにわらび餅。
柔らかくてもちもちしています。
トッピングされたチョコレートクリームがふわふわ。
ドリンク自体はすっきりしています。
いちごの果肉入りでつぶつぶ感も楽しめました。

女性のお客さんの中で、男性ひとり、わらび餅ドリンクを飲み切りました。

スポンサーリンク

KANNON COFFEE kamakuraの柑橘アールグレイのクレープ(大仏ビスケット付き)

ここまでレッツエンジョイ東京で紹介されていたメニューにありつけず。
最後の4店目へ。

KANNON COFFEE kamakuraだけ、鎌倉小町通りではなく、鎌倉駅から歩くと20分程離れた長谷観音近くにあります。
鎌倉駅まで戻って鎌倉山行きのバスに乗って長谷観音バス停まで。
バスに乗っている時間は5分程度です。
さすがに鎌倉駅からこれだけ離れると人は少ないだろうと思いきや、恐るべし鎌倉。
私と同じ観光客で賑わっていました。

長谷観音前の交差点を渡って一本入った通り沿いに、目的のお店、KANNON COFFEE kamakuraがありました。
店内にはカウンター席、外には椅子付きのテラス席が。
小町通りと違って落ち着いています。
アコースティックのBGMが流れていました。

目当ての柑橘アールグレイのクレープを大仏ビスケットトッピングで注文。
キャッシュレス決済は、クレジットカード、交通系電子マネー、PayPayに対応していました。
PayPayで支払って店内のカウンター席で待つことに。

5分くらい待ってクレープが提供されました。
大仏さんのクッキーが鎌倉らしい!
写真スポットらしきボードがあったので、クレープをセットしてパシャリ。
今回の食べ歩きでようやく落ち着いていただくことができました。

トッピングのクリームはふわふわ、柑橘はすっきり。
大仏クッキーは厚みがあってかなりの噛みごたえです。
クレープ生地はふんわりしっとり系。
中には柑橘系の果肉とアールグレイのスポンジケーキが入っていました。
香りも食感も面白いクレープ体験でした。

まぁ目当ての商品はほとんど食べられなかったけど、どれにしようか悩んでウロウロするよりも余裕を持って鎌倉食べ歩きを楽しめたんじゃないかなぁと思います。
次はもう少しシーズンを外して食べ歩きしよう。。

▼おでかけした飲食店といただいたメニュー
甘味処鎌倉 鎌倉小町通り店
いちごショコラ:720円

はんなりいなり 鎌倉小町通り本店
釜揚げしらすのミルフィーユ:1,050円

KANNON COFFEE kamakura(カンノン コーヒー カマクラ)
柑橘アールグレイのクレープ(大仏ビスケット付き):960円

▼参考にしたレッツエンジョイ東京のおでかけ記事
鎌倉で定番の食べ歩きグルメ!一度は行っておきたい名店4選

【鎌倉】これを食べれば間違いなし!定番食べ歩きグルメ4選|レッツエンジョイ東京
神奈川県の屈指の観光地のひとつ、鎌倉。2022年はNHK大河ドラマの舞台にもなっていて、再注目されているエリアですが、実は多くの食べ歩きグルメが楽しめる地としても、人気が高いのはご存じでしょうか。そこで今回は、現地に住むライター河野博史さんに、“これだけ食べておけば間違いない”という、鎌倉の定番食べ歩きグルメを紹介して...
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました