【レポ】BSWi HH 1:強度&セットリスト

FEELCYCLE「BSWi HH 1」は、BSWよりもさらに重点的にお腹周りへアプローチしたボディシェイプウエストインテンシブシリーズで、レッスン曲にヒップホップに加えてR&Bを採用したプログラム第一弾です。

「R&Bを採用した」というところが新しいですね。

全11曲構成。クランチは3曲で、直近リリースされた「BSWi Hous 2」と同様にダンベルはありません。

スポンサーリンク

BSWi HH 1の強度

「BSWi Hous 1」「BSWi Hous 2」に比べて強度が低めだと思います(中強度)

ランが1度も登場しません。高強度と思える曲はラストソングの1つ前の曲のみでした。

ただし、クランチ以外のほとんどの時間は立ちこぎダブルタイムで忙しく動いている印象で、立ちこぎが苦手な人はより負荷を感じやすいセットだと思います。

体幹や腹筋に自信があって、他のインテンシブシリーズを普段から走破できている人にとっては、特有のコンビネーションに慣れさえすれば走破はそう難しくないでしょう。

走破のポイント

基本は体幹フル活用

立ちこぎダブルタイムの時間が長く、その上、素早い動きを繰り返す特徴があることから、体幹を使える使えないで大きく難度が変わります。

体の軸は正面を維持

エルボーダウンのライト&レフト、ツイスト、ワンハンドツイストなど、軸がぶれやすい動作がてんこ盛り。お腹周りのアプローチを高めるために、体の軸は常に正面を意識して。軸がぶれるのはスウェイの時だけというくらいの意気込みで良いと思っています。

エルボーダウンやツイストは1本1本を大切に

非常に多くのエルボーダウンとツイストが登場します。その数はおそらく他のインテンシブを超えているのではないでしょうか。何度も言っているように、ダブルタイムで長い時間繰り返すことから、エルボーダウンは肘の上げ下げ運動になってしまうなど、いつの間にか疎かになってしまいがち。お腹や脇腹にアプローチできているかどうか常に確認を。

各曲の動作と強度

🚲01
In da Club – 50 Cent
3:13
[P3× DT:BPM90]
[ELBOW DOWN]

立ちこぎでひたすらエルボーダウンのセット。

開始間もなくポジション3ダブルタイム。
エルボーダウン2カウントとシングルカウントを切り替えていきます。

ゆったりしたダブルタイムですがずっと立ちこぎのため体幹が重要。
ビートがはっきりしているのでエルボーダウンでリズムを刻みやすい。


🚲02
Welcome to the Party (From the “Deadpool 2” Original Motion Picture Soundtrack) – Diplo, French Montana & Lil Pump feat.Zhavia Ward
3:01
[P3↑× RH:BPM172]
[TWIST / TWISTING BACK TO UP]

再び開始後間もなく立ちこぎポジション3。
直後にツイスト開始。
ツイスティングバックトゥアップ4カウントと2カウントを切り替えです。

ほぼ1曲丸ごとツイスト。
体の軸を正面に向けたまま肩をしっかり内側に入れてお腹が捻れてる状態の維持を。


🚲03
6 foot 7 foot (Explicit Version) – Lil Wayne feat.Cory Gunz
4:08
[↓:BPM79]
[CROUNCH]

クランチ3つの動きがすべて登場するセット。

開始後しばらくしてスウェイ8カウントからスタート。スウェイは右行って真ん中、左行って真ん中と、真ん中を経由するパターンです。
あとはシングルツイスト、2バック2アップを加えて、これら3つの動作を切り替えながら延々で動きます。

クランチキープ無くずっと動くため普通にやってても負荷高め。スウェイでどれだけ低い位置で揺らすかで変わってきます。


🚲04
I’m the One – DJ Khaled feat.Justin Bieber, Quavo, Chance the Rapper & Lil Wayne
4:48
[P5× DT:BPM81]
[HANDLE TAP TWIST / ELBOW DOWN]

立ちこぎでツイストとエルボーダウンを繰り返すセット。

開始間もなくポジション5。
左右交互にワンハンドツイスト2カウント、エルボーダウンライト&レフトのシングルカウントと、これら2つの動作のコンビネーションを繰り返します。

この曲もダブルタイムだけどゆったり。
ハンドルタップと言っているけど普段のワンハンドツイストのような。


🚲05
Greatest – Eminem
3:46
[P5× DT:BPM80]
[ONE HAND TWIST / TAP&TWIST]

ワンハンドツイストとタップ&ツイストのセット。

今回も開始間もなくポジション5で、いきなりワンハンドツイストのシングルカウントからスタート。
前半は右で後半が左です。
左右で踏み込む足が逆になります。
インストラクターさんの動きを見ると、ツイストはハンドルから手を離した方を捻った状態から元に戻す時(普段とは逆)がオンビートでした。
サビでタピパ+ワンハンドツイストのコンビネーション。
シングルカウントなので、タップ→戻りながらツイスト→タップ→戻りながらツイストと繰り返します。

私は初見でペダルからシューズが外れました。
これまで300回以上受講していて初めて。
黒バイクでかつ慣れていない動作ということもあったかもしれませんが、ツイストで無理に捻ろうとして足まで捻らないよう注意してくださいね。


🚲06
Let’s Go – Travis Barker feat.Yelawolf, Twista, Busta Rhymes & Lil Jon
3:13
[P1↓× RH:BPM150]
[ELBOW DOWN]

エルボーダウンのセット。

サビ以外はエルボーダウン4カウント→ライト&レフト2カウントで、サビにボースハンド2カウントのセット。1回だけ2ライト2レフトがあります。

ようやく座ったままです。エルボーダウンはしっかりお腹に効かせつつ、これまでの消耗分の回復を。


🚲07
Officially Missing You (Midi Mafia Mix aka Radio Main) – Tamia
3:24
[P2↓P3↑ × DT:BPM89]
[ELBOW DOWN OFF BEAT / TAP IT BACK]

R&Bパートです。
座りこぎでエルボーダウンオフビート、立ちこぎでダブルタップのセット。

ダブルタイムスタートでエルボーダウンオフビート2カウント、サビ前立ちこぎ、サビでダブルタップ。

ダブルタップはコンパクトに。ここで油断して消耗するとクランチ後のダブルタイムがこげなくなってしまうかもしれないので体幹を使って温存を。


🚲08
MEGATRON – Nicki Minaj
3:10
[↓:BPM94]
[CROUNCH]

クランチでツイストとダウンアップのセット。

ツイストの2カウントとシングルカウント、4ダウン4アップを繰り返します。
ゆったりしているものの、ツイストでブンブンしている時間が長い。


🚲09
Letter To My Godfather (from The Black Godfather) – Pharrell Williams
5:36
[P5× TT (TRIPLE TIME):BPM80]
[TAP IT BACK / ELBOW DOWN]

3拍子でタピバと3カウントエルボーダウンのセット。

サビ以外は3カウントエルボーダウン、サビにダブルタップ。
最後のサビはダブルタップ+3カウントエルボーダウンのコンビネーション。

3拍子は体で覚えて。この後に高強度が控えているので、ここで体力を万全にできておくとベスト。


🚲10
Level Up (Remix) – Ciara feat.Missy Elliott & Fatman Scoop
3:49
[P2↓P5↑× DT:BPM153]
[ELOBOW DOWN]

爆速ダブルタイムでエルボーダウンのセット。

本プログラムの山場です。
サビ以外でエルボーダウンボースハンド、ライト&レフト、ライト&レフトダブルを、すべて2カウントで繰り返します。
サビでポジション5に立ち上がって、ライト&レフトの2カウント。
1セット目と2セット目の間は座らせてもらえますが、2セット目と3セット目の間はポジション5を継続します。

体感めちゃめちゃめ速いダブルタイムで、初見で座りこぎの時リズムキャッチできませんでした。一度崩れるとリズムへの復帰が難しいのでダブルタイム維持を最優先で。


🚲11
Higher – Baauer & JUST BLAZE feat.JAY Z
3:49
[↓:BPM150]
[CROUNCH]

ダウンアップ、ツイスト、クランチキープのセット。

ダウンアップシングルカウントからスタート。
これはあっと言う間。
2カウントダウンアップ+2カウントツイストのコンビネーションを繰り返します。
直後にブレイクするまでながーいクランチキープ。
再びコンビネーションを繰り返してフィニッシュ。

ここまでで腹筋はかなりのバキバキになってるはず。クランチキープを深く入ると後で後悔するくらい長いので無理ない深さで。

スポンサーリンク

BSWi HH 1のセットリスト

🚲01
In da Club – 50 Cent
[ELBOW DOWN]

🚲02
Welcome to the Party (From the “Deadpool 2” Original Motion Picture Soundtrack) – Diplo, French Montana & Lil Pump feat.Zhavia Ward
[TWIST / TWISTING BACK TO UP]

🚲03
6 foot 7 foot (Explicit Version) – Lil Wayne feat.Cory Gunz
[CROUNCH]

🚲04
I’m the One – DJ Khaled feat.Justin Bieber, Quavo, Chance the Rapper & Lil Wayne
[HANDLE TAP TWIST / ELBOW DOWN]

🚲05
Greatest – Eminem
[ONE HAND TWIST / TAP&TWIST]

🚲06
Let’s Go – Travis Barker feat.Yelawolf, Twista, Busta Rhymes & Lil Jon
[ELBOW DOWN]

🚲07
Officially Missing You (Midi Mafia Mix aka Radio Main) – Tamia
[ELBOW DOWN OFF BEAT / TAP IT BACK]

🚲08
MEGATRON – Nicki Minaj
[CROUNCH]

🚲09
Letter To My Godfather (from The Black Godfather) – Pharrell Williams
[TAP IT BACK / ELBOW DOWN]

🚲10
Level Up (Remix) – Ciara feat.Missy Elliott & Fatman Scoop
[ELOBOW DOWN]

🚲11
Higher – Baauer & JUST BLAZE feat.JAY Z
[CROUNCH]

スポンサーリンク

BSWi HH 1の配信プレイスト

音楽配信サービス「AWA」で「BSWi HH 1」レッスン使用曲から8曲をセレクトし、プレイリストを作成しました。
AWAユーザーでなくても、誰でも30秒ずつ試聴可能です。
レッスンの予習や復習、イメージトレーニングに活用してください!

FEELCYCLE BSWi HH 1
「FEELCYCLE BSWi HH 1」 by shirataki.me のプレイリスト詳細をAWAでチェックしよう。「In Da Club」「Welcome to the Party」など8曲を収録。試聴も可能。音楽ストリーミングサービス「AWA」なら5,500万曲以上の音楽が聴き放題。あなたの気分や好みに合わせて...

AWAのプレイリストで公開可能な曲数が8曲までとなっているため、実際のプレイリスト11曲から下記3曲を除いて公開しています。 
🚲06
Let’s Go – Travis Barker feat.Yelawolf, Twista, Busta Rhymes & Lil Jon
🚲08
MEGATRON – Nicki Minaj
🚲11
Higher – Baauer & JUST BLAZE feat.JAY Z

スポンサーリンク

BSWi HH 1受講後振り返り

スポンサーリンク

リリース前に投稿した内容

2019年9月25日(水)より提供開始です。
公式インスタグラムやフェイスブックの告知によると、提供開始当日の提供スタジオとインストラクターは下記の通りです。

・六本木【RPG】12:30~ Mario
・銀座【GNZ】11:30~ Iku
・上野【UEN】17:30~ Ikumi.S
・表参道【OMS】10:30~ M.Yui

FEELCYCLE公式インスタグラム・フェイスブックより

所属の表参道店が含まれていて、リリース以降もスケジュールにちらほらと提供されるようで、比較的受けやすくなりそう。これは個人的に嬉しい限りです。

BSWi HH 1の強度予想

「BSWi Hous 1」と「BSWi Hous 2」の傾向から高強度のプログラムになることが予想されます。クランチが複数曲登場するはずですし、それ以外の曲でも腹筋のアプローチ感はかなりのものだと思います。

BSWi HH 1のセットリスト予想

まずはクランチ。
「BSWi Hous 1」では3曲、「BSWi Hous 2」では4曲も盛り込まれていました。
「BSWi HH 1」におおても3~4曲はクランチではないかという予想です。
両プログラムがそうだったように、ラストソングはクランチでしめるんだと思います。

次にラン。
「BSWi Hous 1」「BSWi Hous 2」の両プログラムでは1度も登場しなかったものの、直近リリースされているプログラムは「BSWi Hous 2」を除きランが登場しているため、「BSWi HH 1」では本数は多くないもののあり得るかもです。
最近増えてきている、ラン直後のダブルタイムでのエルボーダウンといった追い込みセットもあったりして。。

あとは、エルボーダウン、エルボーダウンキープ、ツイスト、ワンハンドツイストなど、ウエストにアプローチする動作群は度々登場するんじゃないかと思います。
「BSWi Hous 2」のように曲者アンダーグリップ、ひょっこりプッシュアップも?

こんな感じで、リリース前からいろいろ妄想しています。
、、と書いている時点で、既に提供開始の9月25日が明日なんですよね。
リリースに参戦した方々がきっとTwitter等で速報を伝えてくれると思います。

私も近日中に受講予定ですので、またこちらでレポートしたいと思います。
新しい情報が入りましたら、これまでのように随時更新します。
それでは、リリースまでもう少し、楽しみに待ちましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました