【レポ】BSL DEEP 1:強度&セットリスト

FEELCYCLE「BSL DEEP 1」は、美脚と美しいヒップラインを目指したボディシェイプレッグ&ヒップシリーズで、自分の体により深い集中をもたらすことを目的に、曲には主にディープハウスやエレクトロを使用したプログラム第一弾です。

ダンベル曲1曲を含む8曲構成。
使用するハンドルポジションは、ポジション2とポジション3のみです。

他のBSL同様、プッシュアップやエルボーダウンは登場しません。また、スタンディングファストも登場しません。バックトゥアップとタピバを中心にセットが組まれていて、長時間同じ動作を繰り返すことで自分の体への集中を促しています。

スポンサーリンク

BSL DEEP 1の強度

他のBSLシリーズと比べて抑え目の強度だと思います(中強度)

ランが登場するのは3曲目の1曲のみ。その他の激しい消耗ポイントは、2曲目のノーバウンド、8曲目のラストソングのポジション3ダブルタイムくらいと限られます。

ゆったりとしたリズムで同じ動作を繰り返す時間が長く、消耗した脚力や持久力を回復させやすいため、全体を通して感じる負荷は低いと思います。

走破のポイント

勝負は前半戦

FEELCYCLEのレッスンでは珍しく、前半に強度の高い曲が集中している印象です。3曲目の爆足ダブルタイム&ランを突破できれば、ラストソングの長いポジション3ダブルタイムまで心折れる場面は少ないでしょう。

ただ、この3曲目がかなりの高負荷。ラストソングまで十分回復するインターバルがあるため、全力で臨みましょう。ただし、決して力まないように。

バックトゥアップ+タピバ攻略

かなり長い時間のバックトゥアップと時々ひょっこりタピバを繰り返すことになります。カウントが特殊なコンビネーションがあるため、初見で完璧にこなすのは難しいでしょう。両者のアプローチの違いを再確認しつつ、誤った時も軌道修正できるように常に臨機応変な姿勢を。

長くこぎ続けられるポジション3ダブルタイムで

最後の難関が3分近くのポジション3ダブルタイム。苦手な人にとっては負荷を感じやすいラストスパートになると思います。肩と腕はリラックス。軸がぶれないようお腹にクッと力を入れて重心を気持ち低め。膝を引き上げるようなイメージで。

各曲の動作と強度

🚲01
Imprint of Pleasure – Tube & Berger
7:22
[P3↑× RH]
[BACK TO UP / TAP IT BACK]

バックトゥアップとタピバのセット。

開始間も無く立ちこぎポジション3。
1セット目は、バックトゥアップ8カウント→4カウント→2カウント。
2セット目は、タピバをシングルタップとダブルタップとで切り替えながら繰り返します。


🚲02
The Hills – The Weeknd
4:02
[P3↑× DT:BPM113]
[CROUCHING / DIAMOND]

クラウチングとダイヤモンドのセット。

ダブルタイムスタート。
開始間も無く立ちこぎポジション3。
クラウチングからのダイヤモンド2カウント(右→前→左→後)を繰り返します。
最後にクラウチングでしめます。

ダイヤモンドにはリバースが無く、常に右から。
ダイヤモンドを含めて忠実にノーバウンドした場合、丸ごと1曲ノーバウンドすることに。


🚲03
20.000 Volts – Yellow Claw & Nonsens
3:54
[P2↓× DT:BPM160]
[P3RUN]

爆足ダブルタイムスタート。
1セット目はドロップでポジション3ラン96カウント。
ダブルタイムへ減速し、2セット目もドロップでポジション3ラン96カウント。


🚲04
Rub It – Andrea Damante feat.Rich The Kid & Ray J
3:15
[P3↑× RH⇔DT:BPM93]
[SIDE TO SIDE]

開始間も無く立ちこぎポジション3。
1セット目は通常サイサイ、ダブルタイムへ加速して、サイサイ4カウント+2カウント+2カウント。
リズムへ減速して、2セット目も通常サイサイ、ダブルタイムへ加速して、サイサイ4カウント+2カウント+2カウント。
ダブルタイム継続、3セット目は、サイサイ2カウント、サイサイ4カウント+2カウント+2カウント。


🚲05
N’Golo – Mòo & Jo
6:48
[P3↑× RH:BPM120]
[BACK TO UP / TAP IT BACK]

バックトゥアップとタピバのセット。

開始間も無く立ちこぎポジション3。
バックトゥアップ8カウント→2カウント、8バック+2アップ2バック+8アップ+2バック2アップ、2バック+1アップ1バック+2アップ+1タップ、タピバ。


🚲06
She Likes – Pleasure P feat.LeToya Luckett
4:18
[P3↑× RH:BPM120]
[DUMBBELL]

開始しばらくして、右手にダンベルを2本持って左手はポジション3で立ちこぎ。
1セット目は右手でキックバック8カウント、2セット目は左手でキックバック8カウント。
曲が終わっても無音状態でしばらくキックバックします。


🚲07
Work It Out – Netsky feat.Digital Farm Animals
3:18
[P3↑× DT:BPM86]
[BACK TO UP / TAP IT BACK]

ダブルタイムスタート。
開始しばらくして立ちこぎポジション3、1セット目はサビでバックトゥアップ2カウント、タピバシングルタップ→ダブルタップ。
座らず立ちこぎ継続。2セット目は、バックトゥアップ4カウント→2カウント、サビでタピバシングルタップ→ダブルタップ。


🚲08
Opal (Four Tet Remix) – Bicep
8:14
[P3↑× RH:BPM127]
[BACK TO UP]

しばらくして立ちこぎポジション3。
前半戦は、5分間バックトゥアップ2カウント。
一旦座って、後半戦はダブルタイムへ加速、立ちこぎポジション3で192カウント。

スポンサーリンク

BSL DEEP 1のセットリスト

🚲01
Imprint of Pleasure – Tube & Berger
[BACK TO UP / TAP IT BACK]

🚲02
The Hills – The Weeknd
[CROUCHING / DIAMOND]

🚲03
20.000 Volts – Yellow Claw & Nonsens
[P3RUN]

🚲04
Rub It – Andrea Damante feat.Rich The Kid & Ray J
[SIDE TO SIDE]

🚲05
N’Golo – Mòo & Jo
[BACK TO UP / TAP IT BACK]

🚲06
She Likes – Pleasure P feat.LeToya Luckett
[DUMBBELL]

🚲07
Work It Out – Netsky feat.Digital Farm Animals
[BACK TO UP / TAP IT BACK]

🚲08
Opal (Four Tet Remix) – Bicep
[BACK TO UP]

スポンサーリンク

BSL DEEP 1の配信プレイリスト

音楽配信サービス「AWA」で「BSL DEEP 1」レッスン使用曲とストレッチ曲から8曲をセレクトし、プレイリストを作成しました。
AWAユーザーでなくても、誰でも30秒ずつ試聴可能です。
レッスンの予習や復習、イメージトレーニングに活用してください!

FEELCYCLE BSL DEEP 1

FEELCYCLE BSL DEEP 1
「FEELCYCLE BSL DEEP 1」 by shirataki.me のプレイリスト詳細をAWAでチェックしよう。「Imprint Of Pleasure」「The Hills」など8曲を収録。試聴も可能。音楽ストリーミングサービス「AWA」なら5,500万曲以上の音楽が聴き放題。あなたの気分や好みに合わせて、...

下記1曲はAWAで配信されていないためプレイリストに含まれていません。
BSL DEEP 1の顔と言える曲なので残念です。。
代わりにストレッチ曲を最後に含めました。
🚲05
N’Golo – Mòo & Jo

スポンサーリンク

BSL DEEP 1 受講後振り返り

コメント

タイトルとURLをコピーしました