【レポ】BB2 JONAS:強度&セットリスト

「BB2 JONAS」はイギリスのDJ兼音楽プロデューサーのJonas Blue(ジョナス・ブルー)とコラボレーションしたイベントプログラム。
レッスン使用11曲すべてがジョナスの曲で構成されています。
2018年12月~2019年3月まで提供されていて、今はレザレクションでないと受ける機会がありません。

スポンサーリンク

BB2 JONASの強度

強度は中の上くらいでしょうか。まずランが一度も登場しません。一方、スタンディングファストやポジション3でのダブルタイムが頻繁に登場します。スタンディングファストは必ずポジション3です。

走破のポイント

  • オフビートに慣れる
  • やっぱり体幹
  • リズムに忠実に

オフビートに慣れる

とにかくオフビートが多い。
苦手な人は繰り返されるオフビートにストレスが溜まると思います。ずれてしまったら、動作を一旦止め、早期に修正することをおすすめします。
ジョナスさえこなせるようになればどんなオフビートがやってきても怖くないとも思います。

やっぱり体幹

同じ動作を長時間繰り返すシーンが数多く訪れます。無駄に消耗しないため、BB1でインストラクターが口酸っぱく伝えるお腹に力が入った状態を維持することが大切です。サイサイ、バックトゥアップ、タピバなど、ぐっと楽になり、伸びるべきところがしっかり伸びていることを実感できると思います。

リズムに忠実に

ダブルタイムでペダルが空回りしているのをよく見かけます。
ダブルタイムのままオフビートでプッシュアップやエルボーダウンを繰り返すことが多く、リズムに合わないペダリングだとバランスを崩して余計に消耗しやすくなると思います。
無動作タイムでリズムを確認し、ダブルタイムでこげているか再認識しましょう。

各曲の動作と強度

🚲01
Drink to You – Jonas Blue feat.Zak Abel
3:30
[ELOBOW DOWN OFF BEAT / STANDING FAST]

まもなくサビ突入でスタンディングファスト。
アップダウンが頻繁で空回りしやすいので、しっかりダブルタイムを意識して。


🚲02
Mama (OFFAIAH Remix) – Jonas Blue feat.William Singe
2:59
[PUSH UP OFF BEAT / SIDE TO SIDE]

オフビートでのプッシュアップが長め。
テンポも速いのでコンパクトに。
胸をハンドルに近付けているイメージで。
ダンサブルなメロディにつられてサイサイが勢いづいて肩だけが左右に大きく振れがちなので、しっかりお尻まで一直線に左右に。


🚲03
Purpose – Jonas Blue feat.Era Istrefi
2:50
[CROUCHING / DIAMOND / UP TO BACK]

テンポがゆっくりで、体幹でしっかり支えると一曲たっぷり休憩できる。
クラウチングはお尻の上下を極力抑えて。
ダイヤモンドは2カウントで、最初は右→前→左→後と覚えておけば大丈夫。リバース間隔が短くなっていくのでタイミングを間違えないように。


🚲04
By Your Side (Abbey Road Live Version) – Jonas Blue feat.RAYE
3:13
[ELOBOW FOWN / STANDING FAST]

スタンディングファストの直後にエルボーダウンで、サドルに腰をおろすのと同時にエルボーダウンを始めるイメージで。
最後の長めのポジション3ダブルタイムでは体幹で支える練習になる。


🚲05
Polaroid – Jonas Blue, Liam Payne & Lennon Stella
3:13
[BACK TO UP / SIDE TO SIDE / BACK TO SIDE TO SIDE]

終始リズムで休憩曲。
ここでのサイサイも肩が先行してしまいがち。
肩からお尻まで平行に横移動しているのをイメージしながら小刻みに。


🚲06
Come Through – Jonas Blue, Kaskade & Olivia Noelle
2:58
[PUSH UP OFF BEAT / TAP IT BACK OFF BEAT / TAP&PUSH]

かなりゆったりしたテンポで休憩曲。
タップイットゥバックで頭が下がらず後ろに平行移動できているかどうか、
プッシュアップで胸を近付けることができているか確認できます。


🚲07
Back & Forth (Franky Rizardo Remix) – MK, Jonas Blue, Becky Hill
3:24
[ELOBOW DOWN OFF BEAT / DOPUSH UP OFF BEAT]

コンビネーションを頭で意識し過ぎると逆に間違いがち。
エルボーダウンとプッシュアップの間には必ずライレフが挟み込まれることだけを意識しておいて、あとは体に覚え込ませるように。


🚲08
Rise – Jonas Blue feat.Jack & Jack
3:14
[ELOBOW DOWN / ELOBOW DOWN OFF BEAT / TAP IT BACK]

ポジション3ですが、ゆっくりリズムで休憩曲。
コンビネーションはタップ、タップ、ライレフライレフ。


🚲09
Perfect Strangers (CTS Remix) – Jonas Blue feat.JP Cooper
3:02
[STANDING FAST / PUSH UP OFF BEAT]

スタンディングファスト祭り。
体幹で支えることができていればすっと上げ下げできて楽。
長めのポジション3ダブルタイムは腕や肩に力が入っていないことを意識して。
最後はポジション3ダブルタイムのままでのプッシュアップ。
ダブルタイムを忠実にこげていればグキグキしにくいはず。


🚲10
Wild – Jonas Blue feat.Chelcee Grimes, TINI & Jhay Cortez
3:32
[DUMBBELL]

両腕を前方に突き出して上げ下げするアップダウンの時間が長く、ダンベルの重さを上げている場合はかなりの筋力が必要。チェストプレスが癒しに感じる程。


🚲11
We Could Go Back – Jonas Blue feat. Moelogo
3:12
[SIDE TO SIDE / PUSH&ELOBOW OFF BEAT]

休憩曲の順番のはずなのに、サビはポジション3ダブルタイムでのプッシャンエルボーオフビート。


🚲12
Fast Car – Jonas Blue feat.Dakota
3:32
[STANDING FAST / TAP IT BACK]

終始ダブルタイムでスタンディングファストを繰り返す。最後はポジション3ダブルタイムのまま高速タピバ。

BB2 JONASのセットリスト

🚲01
Drink to You – Jonas Blue feat.Zak Abel
[ELOBOW DOWN OFF BEAT / STANDING FAST]

🚲02
Mama (OFFAIAH Remix) – Jonas Blue feat.William Singe
[PUSH UP OFF BEAT / SIDE TO SIDE]

🚲03
Purpose – Jonas Blue feat.Era Istrefi
[CROUCHING / DIAMOND / UP TO BACK]

🚲04
By Your Side (Abbey Road Live Version) – Jonas Blue feat.RAYE
[ELOBOW FOWN / STANDING FAST]

🚲05
Polaroid – Jonas Blue, Liam Payne & Lennon Stella
[BACK TO UP / SIDE TO SIDE / BACK TO SIDE TO SIDE]

🚲06
Come Through – Jonas Blue, Kaskade & Olivia Noelle
[PUSH UP OFF BEAT / TAP IT BACK OFF BEAT / TAP&PUSH]

🚲07
Back & Forth (Franky Rizardo Remix) – MK, Jonas Blue, Becky Hill
[ELOBOW DOWN OFF BEAT / PUSH UP OFF BEAT]

🚲08
Rise – Jonas Blue feat.Jack & Jack
[ELOBOW DOWN / ELOBOW DOWN OFF BEAT / TAP IT BACK]

🚲09
Perfect Strangers (CTS Remix) – Jonas Blue feat.JP Cooper
[STANDING FAST / PUSH UP OFF BEAT]

🚲10
Wild – Jonas Blue feat.Chelcee Grimes, TINI & Jhay Cortez
[DUMBBELL]

🚲11
We Could Go Back – Jonas Blue feat. Moelogo
[SIDE TO SIDE / PUSH UP OFF BEAT / ELOBOW DOWN OFF BEAT]

🚲12
Fast Car – Jonas Blue feat.Dakota
[STANDING FAST / TAP IT BACK]

コメント

FEELCYCLEユーザーのみなさんへ

FEELCYCLEの楽しさや楽しみ方を共有したく情報を発信していきます。情報交換しましょう!

  • 表参道(OMS)所属
  • 受講歴1年で受講数通算300回弱くらい
  • 普段の生活に組み込んでほぼ毎日通っています
  • スタンスは忠実&全力疾走

お気軽にお問い合わせください。

また、音楽配信サービス「AWA」で「PUSH UP」や「ELOBOW DOWN」などの曲中に登場する動作毎にプレイリストを作成するなど、精力的に活動しています。

AWAユーザーでなくても各曲30秒ずつ試聴可能ですので、チェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました