【レポ】BB2 DVGT:強度&セットリスト

「BB2 DVGT」はフランスのDJ兼音楽プロデューサーのDavid Guetta(デヴィッド・ゲッタ)とコラボレーションしたイベントプログラム。
レッスン使用10曲すべてがゲッタの曲で構成されています。
2018年11月~2019年2月まで提供されていて、今はレザレクションでないと受ける機会がありません。

スポンサーリンク

BB2 DVGTの強度

強度はかなり高いと思います。
それ程きつくないというクチコミも目にしますが、、スタンディングファストやランが盛り沢山で、忠実にこなすだけでも早期に消耗していしまうはずです。
そこで、走破するためのアドバイスを中心にレポを書いていきます。

走破のポイント

【1】飛ばし過ぎない
【2】動作のパターンを掴む
【3】休めるところで休む

【1】飛ばし過ぎない

1曲目からスタンディングファスト祭りなので「飛ばし過ぎない」と言っても飛ばしちゃうことになるんですが、
体幹でしっかり支えつつ、コルクで重さを調節して忠実にダブルタイムでこげると消耗を軽減できます。

【2】動作のパターンを掴む

数は少ないですが慣れないコンビネーションがひょんと登場します。
パターンを掴むまでは力んでしまい消耗しやすくなります。
事前に曲を聞きながら動作をイメージしておくと良いと思います。

【3】休めるところで休む

休憩曲と言える曲がほとんど無いため、各曲の中で休めそうなところで休んでおくことが持久に繋がります。

以下、曲毎のレポです。

各曲の動作と強度

🚲01
Just One Last Time (Hard Rock Sofa Big Room Mix) – David Guetta feat.Taped Rai
[STANDING FAST / BACK TO UP / SIDE TO SIDE]
6:41
「BB1 Comp 1」のゆっくりエルボーダウンから大変貌。
上記通り、始まったばかりなので飛ばし過ぎないように!
バックトゥアップもサイサイも体幹でしっかり支えて。
サイサイのテンポも速いので力みやすく上半身大振りになりやすい。
しっかり頭からお尻まで左右に移動していることを意識しながら小刻みに。


🚲 02
Without You – David Guetta
[ELBOW DOWN]
3:28
終始ダブルタイム。
ポジション2エルボーダウンして、サビでポジション3を繰り返す感じ。
それ程速くないことから空回りになりやすいので、ダブルタイムになっているかを意識して。


🚲03
Let It Be Me – David Guetta feat.Ava Max
[SIDE TO SIDE / TAP IT BACK OFF BEAT / ELBOW DOWN OFF BEAT]
2:52
いきなりコンビネーションが始まるので最初は戸惑うはず。
サイサイ4カウント、タピバオフビート2タップは、
「サイサイサイサイ、うんタップ、うんタップ」


🚲04
Grenade – Jack Back
[TAP IT BACK / PUSH UP / TAP&PUSH]
3:32
コンビネーションは
ダブルタップ、2プッシュアップ、タッパンプッシュ、タッパンプッシュ。
「タップ、タップ、プッシュ、プッシュ、タッパン、プッシュ、タッパン、プッシュ」


🚲05
This One’s for You (Official Song UEFA EURO 2016) – David Guetta feat.Zara Larsson
[ELBOW DOWN / SIDE TO SIDE / TAP IT BACK]
3:27
コンビネーションはダブルタイムのままサイサイ、タピバ2タップ。
「サイ[1][2]、サイ[3][4]、タップ[5][6]、タップ[7][8]」※数字はカウント


🚲06
She Knows How to Love Me – David Guetta feat.Jess Glynne & Stefflon Don
[PUSH&PULL / BACK TO UP / ELBOW DOWN]
3:01
エルボーダウンはライレフのシングルシングルダブルオフビート。
「うんライ、うんレフ、うんライ、うんライ、うんレフ、うんライ、うんレフ、うんレフ」


🚲07
Hey Mama (Afrojack Remix) – David Guetta feat.Nicki Minaj, Bebe Rexha & Afrojack
[PUSH&ELBOW]
3:17
ダブルタイムのままでプッシュアンエルボーをポジション2で2カウント→シングルカウント。
ポジション3で4カウント→2カウント。
プッシュアップは浅めに、エルボーダウンはお辞儀をするのではなくお腹を縮めることを意識して。
プッシュアンエルボーの時も体幹で支えると安定します。
立ちこぎはグキっと行きやすいので特にダブルタイムを維持して。


🚲08
I’m That Bitch – David Guetta feat.Saweetie
[DUMBELL]
3:14
立ちこぎで片手にダンベル2本持つやつです。
普段ダンベルサイズを上げている人は1段階下げた方が良いかも。


🚲09
Listen – David Guetta feat.John Legend
[TAP IT BACK / P2RUN / P3RUN]
3:46
休憩曲と思いきや、、です。
この頃は相当ヘロヘロなはずなので唐突な「ラン」の掛け声に絶望します。
多くの人がランこげてません。次の最終曲でもたっぷりランが出てくるのでここで無理しないように。


🚲10
Lovers on the Sun (Blasterjaxx Remix) – David Guetta feat.Sam Martin
[PUSH UP / ELBOW DOWN / P2RUN / P3RUN]

サビは怒涛のラン祭り、ポジション3→ポジション2→ポジション3です。
特に終盤ポジション3が長く感じるはず。。
歌が終わった後の曲の尻尾までたっぷりこぎまくります。
ラストはポジション3ランからのスタンディングファスト。
前半のランは後半にもランが控えていることを踏まえて抑えめに。

BB2 DVGTのセットリスト

🚲01
Just One Last Time (Hard Rock Sofa Big Room Mix) – David Guetta feat.Taped Rai
[STANDING FAST / BACK TO UP / SIDE TO SIDE]

🚲02
Without You – David Guetta
[ELBOW DOWN]

🚲03
Let It Be Me – David Guetta feat.Ava Max
[SIDE TO SIDE / TAP IT BACK OFF BEAT / ELBOW DOWN OFF BEAT]

🚲04
Grenade – Jack Back
[TAP IT BACK / PUSH UP / TAP&PUSH]

🚲05
This One’s for You (Official Song UEFA EURO 2016) – David Guetta feat.Zara Larsson
[ELBOW DOWN / SIDE TO SIDE / TAP IT BACK]

🚲06
She Knows How to Love Me – David Guetta feat.Jess Glynne & Stefflon Don
[PUSH&PULL / BACK TO UP / ELBOW DOWN]

🚲07
Hey Mama (Afrojack Remix) – David Guetta feat.Nicki Minaj, Bebe Rexha & Afrojack
[PUSH&ELBOW]

🚲08
I’m That Bitch – David Guetta feat.Saweetie
[DUMBELL]

🚲09
Listen – David Guetta feat.John Legend
[TAP IT BACK / P2RUN / P3RUN]

🚲10
Lovers on the Sun (Blasterjaxx Remix) – David Guetta feat.Sam Martin
[PUSH UP / ELBOW DOWN / P2RUN / P3RUN]

BB2 DVGTの配信プレイリスト

音楽配信サービス「AWA」で「BB2 DVGT」レッスン使用曲から8曲をセレクトし、プレイリストを作成しました。
どのリミックス版が採用されているかもしっかり合わせました◎
レッスンの予習や復習、イメージトレーニングに活用してください!

AWAのプレイリストで公開可能な曲数が8曲までとなっているため、実際のプレイリスト10曲から3曲を除いて公開しています。

🚲04
Grenade – Jack Back
🚲06
She Knows How to Love Me – David Guetta feat.Jess Glynne & Stefflon Don

▼プレイリスト直行リンク
FEELCYCLE BB2 DVGT (DAVID GUETTA)
https://mf.awa.fm/2LpbBd4

コメント

FEELCYCLEユーザーのみなさんへ

FEELCYCLEの楽しさや楽しみ方を共有したく情報を発信していきます。情報交換しましょう!

  • 表参道(OMS)所属
  • 受講歴1年で受講数通算300回弱くらい
  • 普段の生活に組み込んでほぼ毎日通っています
  • スタンスは忠実&全力疾走

お気軽にお問い合わせください。

また、音楽配信サービス「AWA」で「PUSH UP」や「ELOBOW DOWN」などの曲中に登場する動作毎にプレイリストを作成するなど、精力的に活動しています。

AWAユーザーでなくても各曲30秒ずつ試聴可能ですので、チェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました