【レポ】BB2 DEEP 2:強度&セットリスト

FEELCYCLE「BB2 DEEP 2」は、全身の脂肪燃焼を目的とした中級者向けボディバーンシリーズで、レッスン曲に深い集中状態を体感するような楽曲を使用したプログラム第二弾です。

ダンベル1曲を含む8曲構成。
使用するハンドルポジションは、ポジション2とポジション3の2箇所です。

余計なことを考えずに、動作や自身の体の変化に深く集中することを目指したDEEP。
存分にその世界観を味わえる至極のセットリストだと思います。

スポンサーリンク

BB2 DEEP 2の強度

第一弾の「BB2 DEEP 1」に比べると強度抑え目、直近のBB2ヒットシリーズと同程度の強度だと思います(中強度)

まずランが1本も登場しません。
またリズムが速いと感じるのは4曲目の1曲くらい。
基本はゆったり~普通のリズムで延々と同じ動作を繰り返します。
難しい動作やコンビネーションも無く至ってシンプル。
その分、各動作の得意不得意、向き合い方次第で感じる強度が大きく変わってきやすいのも特徴です。

音楽やプログラムの世界観を重視して強度を抑え目にするという、直近リリースのプログラム傾向を踏襲したものと振り返っています。

走破のポイント

1曲目が軽めだからと言って油断禁物

1曲目のスロースタートっぷりから強度軽いんじゃない?と油断しないように。
2曲目からDEEPらしい強度を感じやすいセットになります。
山場はダンベル。
普段からダンベルサイズを上げている人は、初見なら1つサイズを落とした方が良いかも。

自身のペースでアプローチアップ

向き合い方次第でいくらでも強度を上げられます。
プッシュアップもエルボーダウンもたっぷりあるので、深くアプローチすると強度がグッと引き上がります。
特に高速ダブルタイム中のエルボーダウンは体感の差が開きます。
プッシュアップやエルボーダウン以外にも、トライアングルが疎かになりがち。
一つ一つの動作を大切に。

DEEPの世界にどっぷり浸る

ダブルタイムや素早い動作で慌てているうちは、音楽と一体になってDEEPの世界に浸ることはできません。
またリズムを取りにくい曲もあります。
やはり重要になるのは体幹。
DEEP1と同様に提供数が限られることが予想されるため、わちゃわちゃで終わってしまうのは非常に勿体無いです。
普段のレッスンで体幹を鍛えておきましょう。

各曲の動作と強度

🚲️01
lovely – Billie Eilish & Khalid
3:20
[P3↑× RH:BPM115]
[TAP IT BACK]

タピバのセット。

開始間も無く立ちこぎポジション3。
1セット目はタピバシングルタップ。
2セット目はタピバダブルタップ。


🚲️02
Looped – Kiasmos
6:00
[P2↓× DT:BPM120]
[PUSH UP / PUSH DOWN KEEP / STANDING FAST]

プッシュアップ祭り+スタンディングファスト祭り。

ダブルタイムスタート。
前半はプッシュアップ4カウント→2カウント、プッシュダウンキープ。
2カウントはかなり長い時間続けます。
後半はひたすらスタンディングファスト4カウント。


🚲️03
exile – Taylor Swift feat.Bon Iver
4:45
[P3↑× DT:BPM76]
[SIDE TO SIDE / TAP IT BACK / TRIANGLE]

ダブルタイムでサイサイ、タピバ、トライアングルのセット。

ゆったりダブルタイムスタート。
開始間も無く立ちこぎポジション3。
サイサイ4カウント→2カウント、タピバ、トライアングル。

トライアングルはタップサイドサイドと三角形を描きます。


🚲️04
Everyday (Grand Piano) – Carly Comando
5:56
[P2↓P3↑× DT:BPM143]
[ELBOW DOWN / ELBOW DOWN KEEP / P3DT]

ダブルタイムでエルボーダウン、エルボーダウンキープ、ポジション3ダブルタイムのセット。

高速ダブルタイムスタート。
1セット目は、エルボーダウンシングルカウント→ライト&レフト→2ライト2レフト、エルボーダウンキープ。
2セット目は、ポジション3ダブルタイム48カウント、エルボーダウンシングルカウント→ライト&レフト、ポジション3ダブルタイム64カウント、エルボーダウンキープ。

リズムが速いのでシングルカウントとは言え普段よりもゆっくり感じるはず。
感覚的に普段の2カウントのスピード。


🚲️05
Hurts – Emeli Sandé
3:58
[P2↓P3↑× DT:BPM106]
[PUSH&ELBOW / STANDING FAST / P3DT]

立ちこぎでプッシュ&エルボー、スタンディングファスト、ポジション3ダブルタイムのセット。

ダブルタイムスタート。
プッシュ&エルボーシングルカウント、サビでスタンディングファスト4カウント+プッシュ&エルボーシングルカウントを3セット繰り返します。

4セット目は、ポジション3ダブルタイム64カウント、プッシュ&エルボーシングルカウント。
最後にリズムへ減速し、しばらくペダリング。


🚲️06
Underwater – RÜFÜS DU SOL
5:49
[↓:BPM118]
[DUMBBELL]

チェストプル、フライ、フロントレイズ、アームカール、フロントストップのセット。

チェストプル4カウント→2カウント。
フライ4カウント→2カウント、チェストプル2カウント。
フロントレイズ8カウント→16カウント(8アップ8ダウン)。
アームカール2カウント、チェストプル2カウント。
フロントストップでフィニッシュ。

休憩無く最後まで一気に進みます。


🚲️07
Drowning in Dreams – Ed Harcourt
4:57
[P3↑× RH:BPM78]
[PUSH&ELBOW / RHYTHM NO BOUNDS / BACK TO UP]

立ちこぎでプッシュ&エルボー、リズムノーバウンズ、バックトゥアップのセット。

開始しばらくして立ちこぎポジション3。
プッシュ&エルボー+エルボーダウンライト&レフトシングルカウント、リズムノーバウンズ、バックトゥアップ2カウント→8カウント。


🚲️08
Only The Winds – Ólafur Arnalds
5:21
[P2↓P3↑× DT:BPM117]
[PUSH UP / STANDING FAST / P3DT]

ダブルタイムでプッシュアップ、スタンディングファスト、ポジション3ダブルタイムのセット。

ダブルタイムスタート。
プッシュアップ4カウント、スタンディングファスト8カウント、ポジション3ダブルタイム120カウント。
流れるように一気に進みます。

スポンサーリンク

BB2 DEEP 2のセットリスト

🚲️01
lovely – Billie Eilish & Khalid
[TAP IT BACK]

🚲️02
Looped – Kiasmos
[PUSH UP / PUSH DOWN KEEP / STANDING FAST]

🚲️03
exile – Taylor Swift feat.Bon Iver
[SIDE TO SIDE / TAP IT BACK / TRIANGLE]

🚲️04
Everyday (Grand Piano) – Carly Comando
[ELBOW DOWN / ELBOW DOWN KEEP / P3DT]

🚲️05
Hurts – Emeli Sandé
[PUSH&ELBOW / STANDING FAST / P3DT]

🚲️06
Underwater – RÜFÜS DU SOL
[DUMBBELL]

🚲️07
Drowning in Dreams – Ed Harcourt
[PUSH&ELBOW / RHYTHM NO BOUNDS / BACK TO UP]

🚲️08
Only The Winds – Ólafur Arnalds
[PUSH UP / STANDING FAST / P3DT]

スポンサーリンク

リリース前に投稿した予想レポ

  • 予約開始:2020年10月2日(金)
  • 提供開始:2020年10月19日(月)

2019年スタートしたDEEPシリーズのリリースが続いています。
「BB2」「BSL」「BSB」とプログラムが揃ってきたところで、次は「BSW」かなと思いきや「BB2」の第2弾でした。

第一弾の「BB2 DEEP 1」の提供数、BB2にしては少なくありませんか?
私は長い間受講する機会が巡ってきていません。
もしかしたら「BB2 DEEP 2」も比較的レアなプログラムになるかもしれませんね。

BB2 DEEP 2の強度予想

第一弾の「BB2 DEEP 1」と同じく強度を感じやすい内容になると予想します。

直近でリリースされてきたプログラムのように、ラン無しの長時間ポジション3ダブルタイムでゴリゴリ消耗させるタイプかもしれません。

一度始まった動作が延々と終わらないことを想定して、初見は無理せず浅くアプローチした方が良さそう。

もし公式プレイリストが公開されたら、予習しておくと展開を予想しやすいかもしれません。

BB2 DEEP 2のセットリスト予想

DEEP以外のプログラムにおいても、DEEPに採用されるような同じ動作を繰り返すコリオが増えてきているように感じます。

今や存在感が薄まった印象のBB2 DEEP。
きっとDEEPの本流はここにあり!と存在感を示してくれるセットリストに仕上がっているのではないでしょうか。

プレイリストの公開やリリース後の受講で、新しい情報が入り次第、こちらの予習レポートを更新するかたちでお届けしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました