ランチは「チキン南蛮定食」一択!新橋「日向」へ行ってみた

スポンサーリンク

東京チキン南蛮ランチ開拓2店舗目は、骨付地鳥炭焼 日向(ひゅうが)東京新橋店。

「日向」は私が3年間住んでいた宮崎の地方都市と同じ名前。
行く前から親近感を覚えました。

店頭に大きい「本場宮崎チキン南蛮定食」の暖簾がかかっていて通りかかると一発で目に入ります。

ランチタイムど真ん中を外したはずですが見事に満席。
店内に待つスペースは無く店外で待ちました。
5分程待つと中からお客さんが出てきて、入れ替わるように中へ入りました。
案内されたのは2人掛けのテーブル席。
寛ぐというより、ささっと食事を済ませて帰るような食堂的な印象です。
メニューはチキン南蛮一本なので注文する必要がありません。

大きめカットの胸肉南蛮。
お肉自体はさっぱりしています。
しっかり火が通っていますが、厚いとこは若干かたい。
ムラがあります。
衣に甘酢が染みてみて噛むと肉汁の旨味とともに甘味も感じました。
カロリーが詰まったところですがこのフヤフヤ部分とタルタルソースの食べ合わせが良い。

タルタルソースはソース自体は主張しない引き立て役。
本場宮崎で慣れ親しんだチキン南蛮にかなり近い。
ご飯との相性は言うまでもありません。
ご飯は若干かためかな。

添えられてるのは塩ダレがかかった千切りキャベツだけ。
味噌汁は濃い目の赤味噌。
どちらもご飯が進んでしまう系でした。

折角なのでご飯をお替りしました。
温かいご飯と一緒にいただくチキン南蛮は美味しい。
満腹になりかけていて減速していたペースにスパートがかかりました。
ご飯に加えて味噌汁もおかわり自由らしい。

狭い店内ですが接客する店員さんは1人。
外国の方なのか若干言葉が聞きづらい。
常に満席が続く中とても忙しそうでした。

ランチの支払いは現金のみ。
入口に段差はあるものの子連れOKらしい。
キャッシュレス決済には対応していなさそうだったので現金で支払いました。

▼開拓した東京チキン南蛮ランチ店
骨付地鳥炭焼 日向 東京新橋店

▼いただいたチキン南蛮メニュー
・チキン南蛮定食:800円

▼おすすめのチキン南蛮シーン
・ソロ活:席数少なめ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました