都内チキン南蛮の大本命!渋谷の宮崎料理店「魚山亭」のランチメニューは満腹確定のデカ盛りだった

東京チキン南蛮ランチ開拓第50店目は、渋谷の宮崎料理店「魚山亭」

記念する第50店目に本企画の大本命「魚山亭」を訪れることにしました。
魚山亭のチキン南蛮は何度かいただいていて、美味しいことは分かり切ったこと。
系列店の「ひしゅうや」で食べたものの、魚山亭で食べるチキン南蛮が気になって訪れることにしました。

魚山亭までは渋谷駅から歩いて5分ほど。
道玄坂下から文化村通りを北上し、東急の手前で松濤方面へ歩いた道沿いにあるビルの2階です。
ランチタイムは14時まで。
もしやラストオーダーは30分前では?と渋谷駅を出てからは駆け足で向かいました。

結果、13時30分ギリギリに滑り込み。
というかギリギリアウトだったかな?
入口の看板を仕舞おうとする店員さんと鉢合わせしましたが、快くお店へ入れてもらえました。

店内はテーブル席が数組あるだけで決して多くはありません。
他のお客さんと距離を取って奥の4人掛けテーブル席へ。

早速注文します。
ちきん南蛮入りのランチメニューは2種類。
ちきん南蛮定食とちきん南蛮(小)
その差は200円差なので、量が多くても構わない人にとっては普通サイズの方がリーズナブル。
ひしゅうやで食べた時と同じように、ちきん南蛮定食を、みそ汁を冷汁変更で注文しました。

10分程待っての提供でした。
写真では収まって見えますが、チキン南蛮の山は実物を目の前にするとなかなかの迫力です。

2〜3口はありそうな大きいチキン南蛮が5個盛られてました。
衣の含有甘酢量が半端ない。
かぶりつくと甘酢なのか肉汁なのか滴ります。
甘酢の酸味と鶏もも肉の旨味がベストマッチ。
食べたかったのはこれよこれー。

タルタルソースはサラサラタイプ。
微塵切りの野菜がシャキシャキしていました。
コクがプラスされてご飯無しには食べ進められません。
お盆の手前に配置換え。
甘酢を回収しながらかぶりつくようにいただきました。

チキン南蛮をオンザライス。チキン南蛮1個でお茶碗一杯食べれちゃいそう。冷や汁にご飯を残すため、付け合わせのサラダと一緒にムシャムシャといただきました。

冷や汁はスッキリタイプ。
本場宮崎よりも香りがマイルドで食べやすい。
麦飯にたっぷりぶっかけていただきました。

時間があればもっとゆっくり食事がしたかったなぁとスケジューリングを少し後悔しました。
キャッシュレス決済はPayPayに対応。
PayPayで支払いました。

▼開拓したチキン南蛮ランチを食べられるお店
渋谷「魚山亭」

▼開拓したチキン南蛮ランチメニュー
・ちきん南蛮定食:1,200円
・みそ汁を冷汁に変更:+200円

▼おすすめのチキン南蛮ランチ開拓シーン
・同僚と:ボリューム満点
・ソロ活:絶品チキン南蛮

▼同じ「渋谷チキン南蛮ランチ」のブログ記事

▼渋谷「魚山亭」は何位?最新の「東京チキン南蛮ランチ」ランキング

東京の「チキン南蛮」ランチ10選!美味しい本物は?宮崎に6年住んだ筆者が食べた名店ランキング
宮崎に6年住んですっかりチキン南蛮のトリコになってしまった筆者が、東京の「チキン南蛮」ランチを食べ尽くします!そして図々しくも勝手にランキング。随時更新スタイルでチキン南蛮ライフの楽しみを共有します!

▼同じ「渋谷和食ランチ」のブログ記事

▼ほか「渋谷和食ランチ」以外を含む最新の「東京グルメ」ブログ記事はこちら

「東京ランチ」のおすすめ店を食べ歩き!1000円~2000円で楽しめたお昼ごはんまとめ
東京のおでかけ情報サイト「レッツエンジョイ東京」のおでかけ記事を読んで、プライベートで実際にランチを食べ歩き。おでかけの様子を動画や写真を交えながらレポートします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました